歴史講座


活動内容

歴史講座④<北勢の戦国山城と史跡めぐり>

a1-1a1a2a3

 

 

 

 

 

 

平成29年12月5日 愛宕公民館歴史講座「北勢の戦国山城と史跡めぐり」を開催しました。三重県には多数の文化財が残されています。これらの文化資産を地域の共通財産として保存し守り育てていくため、地域の歴史を学びました。ヤマトタケルの伝承が残り三重県の県名の由来となった「杖衝坂」、戦国時代の城郭形状を残し曲輪間に掘り入まれた空堀や堀切、巨大な土塁など迫力のある巨大山城の「采女城」、幅が15m・深さ5mと北勢地方で最大級の規模の掘、低土塁で囲った屋敷跡と思われる区画、明確な城道など采女城とは異なる特徴をもつ「保々西城」、菰野町竹成の「五百羅漢」をバスを使って巡りました。現地での解説は、愛宕公民館 平子館長が行いました。参加者37人

采女城跡

采女城跡

保々西城跡現地看板

保々西城跡現地看板

保々西城空堀

保々西城空堀

杖衝坂

杖衝坂

 

歴史講座③「東海道と亀山城」

平成29年10月24日 愛宕公民館歴史講座③「東海道と亀山城 ~庄野宿から鈴鹿峠まで~」を開催しました。古代において都から各地を結んだ直線道路の存在、直線道路を基軸とした方形の区画、鈴鹿峠の鬼伝説など道でつながる歴史を分りやすく解説していただきました。講師:亀山市教育委員会生涯学習室 亀山隆室長

歴史講座

歴史講座

京都祇園祭「鈴鹿山」

京都祇園祭「鈴鹿山」

鈴鹿市の戦争遺跡 再発見<海軍工廠>

249

愛宕公民館では、昨年度から歴史講座の一環として鈴鹿市の戦争遺跡について調査してきました。今年度は新しい取り組みとして、国府公民館、牧田公民館と3館共同で戦争遺跡についての歴史講座を開催しました。今回は特に残存資料が少ない「鈴鹿海軍工廠」を中心にして、これまでの調査成果報告と目撃体験などの聞き取りを行いました。70数年前、鈴鹿に巨大な軍施設「鈴鹿海軍工廠」がありました。戦後に米軍が撮影した航空写真を見ると、多くの施設・建物が分散して建設されていたことが分ります。広大な軍施設でしたが、その詳細を知る資料は少なく、戦後の工場立地や住宅建設などで人々の記憶から消えていこうとしています。歴史講座では、前半に戦後撮影された写真と現存施設跡写真をもとに解説した後、後半で参加者から鈴鹿海軍工廠についての目撃談、体験談を聞き、意見交換、情報収集を行いました。国府公民館、牧田公民館とも、戦中・戦後の海軍工廠について実際に見たことがある人が多く来場し、貴重な話が聞けました。新聞で講座を知った人(志摩市大王町)から工廠工員養成所卒業証書を送付していただきました。海軍工廠についての情報、資料、写真をお持ちの方は、愛宕公民館(電話 059-388-5909)までご連絡ください。

平成29年7月11日(火):国府公民館  7月12日(水):牧田公民館  会場では戦後に撮影された海軍工廠の写真、現存する施設跡の写真を展示しました。

IMG_0019IMG_0017IMG_0026DSCN9971 (3) - コピーDSCN9987 - コピーDSCN9995 - コピー

 

歴史講座②「文化財と文化財保護」

平成29年6月6日第2回歴史講座「文化財と文化財保護」を開催しました。文化財保護の歴史、指定文化財の種類、県内文化財の事例などについて、分りやすく解説していただきました。三重県の出前講座を活用しました。講師:三重県教育委員会社会教育・文化財保護課竹田憲治班長 質疑として、戦国山城采女城と保々西城(第4回歴史講座で現地訪問予定)の文化財指定、鈴鹿関の国史跡指定、伊勢神宮の世界遺産指定、文化財修復補助金など論議しました。  講座終了後、受講生から四日市市の「末広橋梁」と桑名市の「六華苑」を見学したいとの要望があり、6月14日に受講生4人で見学に行くことになりました。

IMG_0001IMG_0010 (2)IMG_0005 (3)

 

歴史講座① 鈴鹿市の戦争遺跡<新しい発見>

平成29年5月23日第1回歴史講座「鈴鹿市の戦争遺跡<新しい発見>」を開催しました。70数年前に鈴鹿にあった鈴鹿海軍航空隊、鈴鹿海軍工廠、陸軍秘匿飛行場について、パワーポイントを使って解説しました。現存する戦争遺跡を中心に館長が説明しました。次回は6月6日「文化財の魅力発信」を開催します。講師は三重県教育委員会の文化財担当職員の方を予定しています。

IMG_0114 (2)IMG_0118IMG_0124IMG_0126