三重県鳥羽志摩地方の海女

令和元年5月20日 文化庁は、地域の有形・無形の文化財をテーマでまとめ、魅力を発信する「日本遺産」に新たに16件を認定しました。三重県内から「海女(Ama)に出逢えるまち 鳥羽志摩~素潜り漁に生きる女性たち」が認定されました。

鳥羽・志摩地方の海女 

  漁労の中で裸潜水の作業により採貝、採藻などに従事するものをさして「アマ」といいます。近年は、女のアマを「海女」、男のアマを「海士」と書いて区別するようになっています。海女の作業は、昔も今もアワビ、サザエ、トコブシ、ウニ、海藻などを素潜りで獲ってくる伝統漁法です。

 大正時代までは上半身裸が普通でしたが、昭和初期からは、一般的に白木綿の磯着(いそぎ)を着るようになりました。昭和40年ころからゴム製のウエットスーツの着用が始まり、現在では、健康面からも全ての地区でウエットスーツを着用しています。現在、海女の白い磯着が見られるのは、観光・イベントなどに限られています。

 現在の海女の写真は鳥羽市石鏡(いじか)の海女さんです。古橋清子さん(度会町)が鳥羽市石鏡に何度も通い海女さんの了解を得て撮影したものです。江戸時代後期に海女の姿が多くの浮世絵で描かれていますが、伝聞で描いたものと思われます。着ているものや漁で使う道具が違っています。明治に三重県が水産博覧会に出品した「三重県水産図説」に描かれている海女の姿と比べてみてください。

 海女の数は年々減少しています。三重県では、昭和24年に約6,000人いた海女が、平成15年には約1,600人(海女・海士)となっていました。三重県教育委員会の平成22・23年度「海女習俗基礎調査」による就業者は、海女978人、海士316人でした。海女の専業という状況は存在しませんでした。海の博物館の平成26年調査では、海女761人、海士288人でした。

 海女漁の技術は、平成26年1月23日に「鳥羽・志摩の海女による伝統的素潜り漁技術」として三重県無形民俗文化財に指定され、平成29年3月3日に「鳥羽・志摩の海女漁の技術」の名称で国の重要無形民俗文化財に指定されました。文化財としての「海女漁の技術」は、三重県の「鳥羽・志摩の海女漁の技術」(平成29年3月)と石川県輪島市の「輪島の海女漁の技術」(平成30年3月)の2件が国重要無形民俗文化財に指定されています。今後、ユネスコ無形文化遺産に登録されることが期待されます。

フナドアマ

フナドアマ

カチドアマ

カチドアマ

カチドアマ(2)

カチドアマ(2)

明治前半期のアワビ漁の図(三重県水産図説 明治14年)

明治前半期のアワビ漁の図(三重県水産図説 明治14年)

浮世絵に描かれた海女 (東京国立博物館蔵)

浮世絵に描かれた海女
(東京国立博物館蔵)