「伊勢型紙 小本(こほん)」を市文化財課に移管 

IMG_0012IMG_0019

 

愛宕公民館に寄贈された伊勢型紙小本について、鈴鹿市文化財課に移管するに当たり寄贈者生田裕子さん、平子愛宕公民館長、磯部公民館運営委員長の3名で鈴鹿市副市長を表敬訪問しました。伊勢型紙「こほん」700点、彫刻刃・砥石・丸刷毛などの道具を副市長に説明しました。館長から副市長に「こほん」の写真データを今後どのように活用していくかについても説明しました。(平成31年1月11日)

平成30年12月18日~12月28日愛宕公民館エントランスで「伊勢型紙 小本~その技と美」を開催(土・日・祭日は休館)しています。今回、伊勢型紙の制作工程で最も重要で精緻な技術を必要とする「小本(こほん)」が地域の方から愛宕公民館に寄贈されました。広く伊勢型紙を知っていただくため、小本の一部を展示しています。展示内容:伊勢型紙こほん<入替展示>、彫刻道具<刃、刷毛、砥石実物展示>、型地紙(渋紙)製造工程<パネル展示>  伊勢型紙の制作工程:図案の素描⇒こほん型の彫刻こほん写し彫刻  小本は型紙職人の技術の結晶です。今回、散逸する前に愛宕公民館が入手できました。一般的に出回らないため、貴重なものだと思われます。 地域の方で伊勢型紙に係る遺品、道具などありましたら、愛宕公民館に御連絡ください。(平成30年12月18日)

IMG_0111 (2)IMG_0105IMG_0164IMG_0160