伊勢型紙小本(こほん)と地域資源活用

令和元年5月14日 愛宕公民館講座「伊勢型紙と地域資源活用」を開催します。伊勢型紙小本(こほん)の写真データを地域資源としてどのように活用していけばよいか論議します。➀伊勢型紙と鈴鹿墨(鈴鹿市文化財課) ②伊勢型紙とレーザー技術(鈴鹿高専) ③伊勢型紙と布プリント作品 ④伊勢型紙と行灯作品  伊勢型紙データの活用例(タペスットリー作品、行灯作品、レーザー作品)などを展示します。  参加費:無料 多方面の専門的技術を持つ人、型紙彫刻に関心のある人、鈴鹿市の伝統工芸の情報発信を考えている人など参加をお願いします。愛宕公民館事務室へ電話で申し込んでください。<電話 059-388-5909> (平成31年4月20日)

伊勢型紙「こほん」は、着物の柄の彫刻なのでその芸術的デザインは注目すべきところがあります。小本の写真データを日本手ぬぐいの染めに活用してみました。写真①は、「ほて幸」藤田幸義さんに試作していただいたインクジェットプリント染め作品です。写真②は、鈴鹿高等専門学校材料工学科 江崎尚和教授の指導により試作した手ぬぐいタペストリーです。(平成31年3月7日)

①ほて幸試作手ぬぐい

①ほて幸試作手ぬぐい

②鈴鹿高専試作手ぬぐい

②鈴鹿高専試作手ぬぐい

 

 

 

 

 

 

 

伊勢型紙こほんの写真データを染型に活用できないか、手ぬぐい、のれん、のぼり旗などの制作に実績のある鈴鹿市神戸「ほて幸」藤田幸義さんと協議しました。写真データから3パターンを使い手ぬぐいを試作することになりました。    ほて幸:三重県鈴鹿市神戸2丁目 電話059-382-0088  (平成31年1月17日)

IMG_0031 (2)IMG_0030