型紙彫刻 

型紙型紙2型紙サークルIMG_0013

 

 

 

 

 

 

鈴鹿の伝統工芸「伊勢型紙」彫刻の技法を習って、思い思いの作品を作ってみましょう。平成28年5月9日愛宕公民館エントランスでサークル生の作品を展示しました。展示期間:5月末日まで。

伊勢型紙は、鈴鹿白子・寺家地域に伝承されている染色用の型紙製作技術です。地方的特色の顕著な工芸技術として高く評価されており、伊勢型紙技術保存会は国無形文化財に指定されています。サークルを指導している内田勲さんは、保存会の会員です。

平成27年7月29日愛宕公民館なかよし教室「型紙教室」に協力し、伊勢型紙でランプシェードを作りを指導しました。早く彫り終わった児童は、カブトムシや朝顔などの型紙を彫り行灯の障子紙に貼り付けました。

型紙2型紙3IMG_0090

IMG_0003 

写真左は愛宕小学校児童の伊勢型紙作品を貼った行灯、写真右はサークル生の伊勢型紙作品を貼った行灯です。