小学生もちつき体験

鈴鹿市立愛宕小学校では、5年生が総合学習として米づくり体験を行っています。平成28年4月26日の田植え体験、9月6日の稲刈り体験に引き続き、12月13日愛宕公民館で小学校5年生による「餅つき体験」が行われました。田植え・稲刈りを指導していただいた地域の人たちも参加し、愛宕小学校5年生76名が、ボランティアで餅つきを協力していただく人たちと一緒に餅つきを行いました。

愛宕公民館調理室で蒸し上げた餅米を、ホールで昔ながらの石臼と杵(きね)でつき上げました。地域のボランティアが「こづき」をした後、全員が杵(きね)による餅つきを体験をしました。7臼をつきましたが、1臼は「たがね餅」にしました。つきあげた餅は手で切り分け、きなこ餅、あんこ餅、醤油餅、おろし餅にして食べました。

img_0048img_0059img_0080img_0068img_0087img_0118