歴史講座:東洋一の火薬庫と戦闘機飛燕を見学

DSCN0027

 

歴史講座バス研修「戦争遺跡の新しい発見」参加者を募集します。東洋一の陸軍火薬庫跡と陸軍戦闘機飛燕(ひえん)実機を見学します。岐阜県関ケ原町に残る旧陸軍火薬庫(名古屋陸軍兵器補給廠関ケ原分廠)は東洋一の規模と称されました。広大な跡地に火薬庫の洞窟倉庫や立哨台が残っています。 平成30年3月にリニューアルオープンした「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」では、新たに現存する唯一の液冷倒立V型12気筒エンジンの飛燕が展示されました。 開催日時:平成30年7月2日(月) 集合場所・時間:愛宕公民館 8時00分集合、8時15分出発  募集人数:40名(先着順)  参加費:3,000円(博物館入館料を含む。昼食は別途) 行程:愛宕公民館 ⇒ 関ケ原 火薬庫跡 ⇒ 胡麻の郷 ⇒ 河川環境楽園(川島ハイウェイオアシス)<各自が自由に昼食>⇒ かかみがはら航空宇宙博物館 ⇒ 愛宕公民館(帰着17時30分予定) 参加費を添えて公民館窓口へ(申込期日 平成30年5月31日)

DSCN0046DSCN0019DSCN0030DSCN0015 - コピーDSCN0034 - コピーDSCN0046 - コピー