松平氏遺跡<大給城跡・松平城跡>

愛知県豊田市の松平郷は、徳川家康の祖先の松平氏発祥の地です。山々に囲まれた山里には、徳川の始祖・松平氏の残した幾多の史跡が今も息づいています。松平氏館跡(松平東照宮)、高月院、松平城跡、大給城跡の4ヶ所が初期松平氏の状況をよく伝えていることから、一括して松平氏遺跡として国指定史跡となっています。  特に大給城(おぎゅうじょう)跡は、規模は大きく、断崖に囲まれた曲輪、地形を巧みに利用した縄張り、城跡に点在する巨石群、全国的にも珍しい水ノ手曲輪など戦国要害山城としての特徴をよく残しています。  愛宕公民館歴史講座10月9日史跡見学では、松平東照宮と高月院を訪れる予定です。(令和元年6月16日)

DSCN0687DSCN0689DSCN0633DSCN0647DSCN0644DSCN0638