歴史講座②「文化財と文化財保護」

平成29年6月6日第2回歴史講座「文化財と文化財保護」を開催しました。文化財保護の歴史、指定文化財の種類、県内文化財の事例などについて、分りやすく解説していただきました。三重県の出前講座を活用しました。講師:三重県教育委員会社会教育・文化財保護課竹田憲治班長 質疑として、戦国山城采女城と保々西城(第4回歴史講座で現地訪問予定)の文化財指定、鈴鹿関の国史跡指定、伊勢神宮の世界遺産指定、文化財修復補助金など論議しました。  講座終了後、受講生から四日市市の「末広橋梁」と桑名市の「六華苑」を見学したいとの要望があり、6月14日に受講生4人で見学に行くことになりました。

IMG_0001IMG_0010 (2)IMG_0005 (3)