歴史講座参加者を募集=郷土の歴史を分かりやすく解説=

愛宕公民館平成30年度定期講座歴史講座の参加者を募集しています。 平成30年9月11日(火)13時30分~「郷土の歴史再発見」講師:鈴鹿市考古博物館藤原秀樹さん 伊勢国府跡の方格地割と政庁のつながりを示す新しい発掘成果、国分寺の塔はあったのか、鈴鹿市内の最近の発掘成果 など  平成30年10月16日(火)10時~「江戸時代の武士の生活」講師:亀山市教育委員会亀山隆さん 亀山城の御殿跡調査で分かった殿様や武士の暮らし、日常を解説します。 平成30年12月5日(水)10時~「三重県のお城」講師:三重県史編集委員駒田利治さん 神戸城、亀山城、桑名城など三重県内の近世城郭を解説します。城絵図の展示も行いますので縄張りの違いが確認できます。会場:愛宕公民館ホール 参加費200円    鈴鹿市考古博物館⇒鈴鹿市遺跡発掘情報  三重県史編集「三重県史」編さん   亀山市歴史博物館⇒亀山市史通史編近世

伊勢国府政庁

伊勢国府政庁

方格地割幅24m南北道路

方格地割幅24m南北道路

  

明治初期神戸城絵図

明治初期神戸城絵図