現存する旧陸軍戦闘機「飛燕」

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館が平成30年3月24日リニューアルオープンしました。4月13日今回の改装で新たに展示された三式戦闘機「飛燕(ひえん)」を見てきました。唯一現存する 旧陸軍戦闘機です。星型空冷エンジンが主力であった日本軍機の中にあって、液冷エンジン装備の細見な機体の戦闘機です。液冷式エンジンに不可欠なラジエーターが胴体下部中央に見ることができます。液冷倒立V型12気筒エンジンの実物も展示されていました。7月に関ヶ原火薬庫とともに公民館歴史講座バス見学研修を予定しています。

DSCN0015 - コピーDSCN0034 - コピーDSCN0046 - コピー