第4回 平成27年9月12日 「静岡県津波避難施設見学バス旅行」

愛宕公民館第4回いきいき教室は、社会見学バス旅行として静岡県浜松市の津波避難施設を見学しました。静岡県沿岸部には南海トラフ巨大地震に備え多様な津波避難施設が建設されています。今回は浜松市内の代表的な津波から命を守る施設を見学しました。44名の参加でした。

蟹江町希望の丘

蟹江町希望の丘

希望の丘防災倉庫・屋外階段

希望の丘防災倉庫・屋外階段

①希望の丘(愛知県蟹江町)県立高校跡地に整備された防災高台施設。平成27年3月竣工。隣接の管理棟は、旧高校校舎を耐震改修し防災倉庫と屋外階段が整備され、災害発生時は避難所となります。 

 

 

 ②津波避難タワー(静岡県浜松市) 鉄骨造り津波避難施設。浜松市は避難マウンドを造れない狭い場所では、津波避難タワーを整備しています。避難タワー屋上には、防災用品を収納する施設が設置されていました。  ③遠州灘海浜公園津波避難マウンド(静岡県浜松市) 津波避難のための海抜13.2mの高台。1,000人の避難が可能。太陽光発電LED照明7基設置。浜松市では平成26年3月遠州灘海浜公園津波避難マウンドと五島地区津波避難マウンドを完成しました。

浜松市津波避難タワー

浜松市津波避難タワー

タワー屋上

タワー屋上

津波避難マウンド

津波避難マウンド

津波避難マウンド(浜松市)

津波避難マウンド(浜松市)