史跡斎宮跡復元建物見学会 <よみがえる斎宮>

斎宮歴史博物館では、国史跡斎宮跡に平安時代の建物3棟を復元しました。方格地割の復元道路と併せて「史跡公園さいくう平安の杜(もり)」として整備されました。来年の伊勢志摩サミット開催で三重県が注目されていることもあり、復元建物の完成に地域の期待が寄せられています。平成27年11月7日 愛宕公民館いきいき教室事業として斎宮史跡を見学しました。

 斎宮歴史博物館  常設展示では、斎宮跡の発掘調査の成果を盛り込んで、斎宮の姿を立体的、多角的に紹介しています。映像展示では、亰から伊勢に遣わされた斎王の群行の様子を美しいハイビジョン映像で再現紹介しています。復元建物完成記念特別展では、今回復元された建物の背景にある平安時代の建物の世界を紹介しています。  斎宮跡方格地割と博物館の間では、古代の幹線道路「官道」の復元整備工事が進められています。

 史跡広場1/10史跡建物群模型屋外展示 斎王が住んだ内院などの中心区画の建物を1/10で想定復元しています。

③ 平安時代復元建物(正殿、東脇殿、西脇殿)④ 方格地割復元道路  斎宮跡の発掘調査開始から45年が経ち、斎宮跡の長年の願いであった実物大の平安時代の建物の復元が実現しました。平成26年3月建築着工し、平成27年7月工事完了しました。復元建物には平安時代の建築様式である寝殿造の要素が盛り込まれています。発掘調査によって明らかになった柱の配列や太さなどをもとに上部構造を推定復元したものです。

昼食は、斎王の食事を復元した斎王べんとう「斎王の宝箱」を賞味しました。昼食の食材は、古代米、サメのたれの干物です。

IMG_0016IMG_0018IMG_0039 (2)IMG_0033IMG_0036IMG_0030

 

 

 

 

 

 

 

第5回いきいき教室ぴんしゃん講座<音楽療法>

平成27年10月13日(火)第5回いきいき教室を開催しました。鈴鹿市健康づくり課の出前講座として音楽療法士桐生小百合さんの音楽療法「ぴんしゃん講座」を開催しました。歌を歌い、楽器を使い、体を動かし、歌って笑って元気に・・・・楽しい講座でした。

びー1びー2びー3びー4びー5

第4回 平成27年9月12日 「静岡県津波避難施設見学バス旅行」

愛宕公民館第4回いきいき教室は、社会見学バス旅行として静岡県浜松市の津波避難施設を見学しました。静岡県沿岸部には南海トラフ巨大地震に備え多様な津波避難施設が建設されています。今回は浜松市内の代表的な津波から命を守る施設を見学しました。44名の参加でした。

蟹江町希望の丘

蟹江町希望の丘

希望の丘防災倉庫・屋外階段

希望の丘防災倉庫・屋外階段

①希望の丘(愛知県蟹江町)県立高校跡地に整備された防災高台施設。平成27年3月竣工。隣接の管理棟は、旧高校校舎を耐震改修し防災倉庫と屋外階段が整備され、災害発生時は避難所となります。 

 

 

 ②津波避難タワー(静岡県浜松市) 鉄骨造り津波避難施設。浜松市は避難マウンドを造れない狭い場所では、津波避難タワーを整備しています。避難タワー屋上には、防災用品を収納する施設が設置されていました。  ③遠州灘海浜公園津波避難マウンド(静岡県浜松市) 津波避難のための海抜13.2mの高台。1,000人の避難が可能。太陽光発電LED照明7基設置。浜松市では平成26年3月遠州灘海浜公園津波避難マウンドと五島地区津波避難マウンドを完成しました。

浜松市津波避難タワー

浜松市津波避難タワー

タワー屋上

タワー屋上

津波避難マウンド

津波避難マウンド

津波避難マウンド(浜松市)

津波避難マウンド(浜松市)

 

津波避難施設<静岡県>

静岡県沿岸部は、高層の建物が少ないため、津波による被害発生の危険性が高い地域です。静岡県内の市・町は住民の安全を確保するため、一時避難施設の整備を進めています。

袋井市中新田命山

袋井市中新田命山

 

 

<静岡県袋井市>中新田と大野地内に、江戸時代に築かれた「命山」(いのちやま)と呼ばれる塚が2か所残っています。江戸時代に高潮や津波からの避難所として土を盛り上げて築いたもので、県指定文化財となっています。袋井市は沿岸部に4ヶ所の大型の高台「平成の命山」を整備する予定です。松原地内には、静岡県内最大級の津波避難施設「きらりんタワー」が幼稚園、保育園に近くに設置されています。

<静岡県吉田町>全国初の歩道橋を兼ねた津波避難施設が設置されています。道路上に6基整備される予定です。

<静岡県浜松市>浜松市では、五島地区津波避難マウンド遠州灘海浜公園津波避難マウンドが平成26年3月完成しました。高台として完成した津波以南マウンドは公園としても活用できます。避難マウンドを造れない狭い場所では津波避難タワーを整備しています。

愛宕公民館では、9月12日「いきいき教室」社会見学バス旅行として、浜松市内の津波避難施設を見学する予定です。

きらりんタワー歩道橋を兼ねた避難施設(吉田町)五島地区③遠州灘海浜公園津波避難マウンド舞阪幼稚園

第3回 平成27年7月14日 「今に生きる江戸時代の村」

第3回愛宕公民館いきいき教室「今に生きる江戸時代の村~身近なところから見つけよう~」

平成27年7月14日愛宕公民館いきいき教室は、歴史講座です。亀山市教育委員会生涯学習室長亀山隆さんから「今に生きる江戸時代の村」と題して、国絵図、石高制、検地、年貢を徴収するための村、江戸時代の村から明治時代の行政区画の村へ・・・などを講演していただきました。身近なところから地域のつながりを見つけ、地域の絆をどのように求めていくのか! 今、地域として求められている有意義な内容でした。

DSCN8296DSCN8298DSCN8301

国絵図が伝えたいこと

むかしは、「地図」ではなく「絵図」とよんでいました。地図が地形を表わすのに対して、「絵図」は「伝えたい情報」にもとづいて作られたものです。絵図は「過去と現在をつなぐ」大切な情報源です。国絵図」は、どこの村が誰の領地であるかを色分けして示したものがあります。ところが、この中には、2色に塗り分けられ、二人の領主がいるように示された村があります。これは何を示しているのでしょうか。これは村の中に境界線が引かれているのではなく、その村で獲れた米などを按分して二人の領主に年貢を納めている、ということです。この基本となるのが「石高制」です。(文は、7月14日「今に生きる江戸時代の村」亀山隆さんの講義資料から)

国絵図1 国絵図2

 

 

 

 

 

写真の村の色は、水色:亀山領、 白:紀州領、 赤わく:公領、 黄色:津領、 うすい赤:神戸領です。村全体で年貢を納める「村請(むらうけ)」の制度が、その村のつながりを強くしていましたが、明治の地租改正で村請制度はなくなり、地域の人々の意識も大きく変わりました。

第2回 平成27年6月9日 「講話 楽しく生きる」

第2回 平成27年6月9日 「講話 楽しく生きる」

日展特選2回、日展審査員、市教育委員長などを経験した彫刻家の長谷川八壽雄さんを講師として、健康に楽しく生きるための話を聞きました。

楽しく生きる①楽しく生きる②次回第3回は歴史講座です。

第1回 平成27年5月12日 「健康講話と調理実習」

第1回 平成27年5月12日 「健康講話と調理実習」

健康によい日本食についての健康講話の後、健康に生きるための料理を作りました。トマトとレタスの炒飯、キュウリのごま味噌和え、すりリンゴの寒天などを作りました。

いきいき教室①Bいきいき教室②いきいき教室③Bいきいき教室④