津波防災の日 「いのちの鐘」

平成27年12月国連総会で日本提案の11月5日を「世界津波の日」とする決議が採択されました。日本では、平成23年法律で毎年11月5日を「津波防災の日」とされました。この日、国や地方公共団体は津波防災の啓発に向けた行事を実施しています。

津波防災の日は11月5日ですが、平成29年度は11月1日(水)午前10時に緊急地震速報情報伝達訓練が行われました。訓練用の緊急地震速報が、市内93カ所の防災スピーカーで放送されました。緊急地震速報にあわせ、消防分団車庫モーターサイレン、お寺の鐘(いのちの鐘)による地震速報訓練がありました。公民館では緊急防災ラジオ自動起動により館内緊急地震速報が放送されました。

IMG_0006

 

「津波防災の日」の緊急地震速報訓練として、三重県鈴鹿市では11月1日午前10時に沿岸部のお寺(38寺)でお寺の鐘を鳴らす訓練「いのちの鐘」が行われました。「いのちの鐘」とは、鈴鹿市独自の取り組みで、災害時において住民に切迫した危険を知らせるため、寺院の鐘を鳴らし避難を呼びかけるものです。昔から緊急時に鐘を乱打することは、早鐘(はやがね)と呼ばれています。鈴鹿市江島本町の壽善寺で「いのちの鐘」を打ち鳴らす訓練に参加しました。

 

鈴鹿げんき花火大会

平成29年9月9日三重県鈴鹿市白子で「鈴鹿げんき花火大会」が開催されました。午後7時30分から打ち上げが開始され8時30分に終了しました。約3,000発の花火が打ち上げられました。(写真撮影:愛宕公民館写真サークル生 川本修さん)

a1a2a3a4

愛宕灯りのフェスティバル

平成29年9月8日鈴鹿市立愛宕小学校校庭で「愛宕灯りのフェスティバル」が開催されました。校舎3階から幻想的な灯りを見ることができました。ペットボトルの中にローソクを灯して絵と文字を描いています。愛宕公民館は、夏休みなかよし教室で児童が伊勢型紙で作成した行灯と型紙サークル生が作成した行灯を校舎階段入口に出展しました。

DSCN9995DSCN9986DSCN0009DSCN0002 (2)DSCN0005 (2)

桜が満開になりました

愛宕公民館に隣接する愛宕小学校の桜が満開となりました。あす7日は入学式です。小学校校門の花壇を公民館花壇ボランティアの人に手伝ってもらって除草し綺麗な花を置きました。

DSCN9978DSCN9973DSCN9979 DSCN9976

鈴鹿げんき花火大会

平成28年9月10日「鈴鹿げんき花火大会2016」が開催されました。写真は三重県鈴鹿市江島海岸から見た花火です。海岸堤防の上では、近隣から多くの人が集まり、鈴鹿の海に打ち上がる花火を見ていました。

%e8%8a%b1%e7%81%ab%ef%bc%92%e8%8a%b1%e7%81%ab%ef%bc%93%e8%8a%b1%e7%81%ab%ef%bc%95

小学生の稲刈り体験

鈴鹿市立愛宕小学校5年生76人が稲刈り体験をしました。地域の人たちの協力で、鎌を使って稲刈り、コンバインの試乗、コンバインによる脱穀などを体験しました。(平成28年9月6日)

IMG_0054 (2)IMG_0075 (2)IMG_0085IMG_0077 (2)IMG_0096IMG_0058

小学生の田植え体験

IMG_0071 (2)IMG_0086 (2)

田植え体験した田は、一面の緑になりました。稲の間に子ども達が作ったカカシ11体が設置されました。(平成28年7月19日)

 

平成28年4月26日愛宕小学校5年生が、地域の人たちの指導をうけ田植え体験をしました。5年生74人が2グループに分かれ、横糸・縦糸にそって昔ながらの方法で田植えをしました。隣接した田では、田植機に乗せてもらい現在の田植えも体験しました。

この近隣地域の田植えは、前へ植えていく独特の植え方をします。(鈴鹿市山間部や全国的な田植えは、後ろ向きに進んで植えることが一般的です。)

1 - コピー2 - コピー3 - コピー4 - コピー5 - コピー6 - コピー8 - コピー9 - コピー7 - コピー

小学校津波避難訓練

平成28年6月1日鈴鹿市立愛宕小学校の津波避難訓練がありました。高台の公園まで2ルートに分かれて避難しました。地域の自治会長や見守りボランティアの人たちも参加しました。

IMG_0018IMG_0025IMG_0039 (2)IMG_0047