サラマンカホール・レジデント・カルテット

平成30年10月2日 鈴鹿市文化振興事業団と共催でプロによる本格的なミニコンサートを開催しました。「サラマンカホール・レジデント・カルテット」出演の「愛宕公民館Presentsミュージック・ガーデン」を開催しました。 サラマンカホール・レジデント・カルテットは、岐阜県のサラマンカホールが若い世代の音楽家の育成と音楽普及のため結成した弦楽四重奏団です。愛宕公民館としても、初めての本格的音楽コンサートで、来場者には大好評でした。バイオリン:西村洋美さん、波馬朝加さん、チェロ:柴竹友梨さん、ビオラ:太田奈々子さん  モーツァルト、ハイドン、ドボルザーク、ボロディンのクラシック曲のほか日本の唱歌メドレーも演奏しました。彼女たちの定期演奏会が平成30年11月20日サラマンカホールであります。演奏会HP⇒サラマンカホール・レジデント・カルテット~十六本の糸

IMG_0007IMG_0010 (2)IMG_0012IMG_0014 (2)IMG_0017 (2)IMG_0020

 

小学生邦楽体験<琴の演奏>

平成29年10月19日 愛宕公民館と鈴鹿市立愛宕小学校の共催で、愛宕小学校5年生の日本の伝統音楽に触れる授業として邦楽体験教室を開催しました。愛宕公民館の筝曲サークルの講師(長沢通子さん)とサークル生7名が5年生(88人)を指導しました。実際に自分で琴に直接触れて、演奏体験をしました。

IMG_0055IMG_0061IMG_0059

小学生もちつき体験

鈴鹿市立愛宕小学校では、5年生が総合学習として米づくり体験を行っています。平成28年4月26日の田植え体験、9月6日の稲刈り体験に引き続き、12月13日愛宕公民館で小学校5年生による「餅つき体験」が行われました。田植え・稲刈りを指導していただいた地域の人たちも参加し、愛宕小学校5年生76名が、ボランティアで餅つきを協力していただく人たちと一緒に餅つきを行いました。

愛宕公民館調理室で蒸し上げた餅米を、ホールで昔ながらの石臼と杵(きね)でつき上げました。地域のボランティアが「こづき」をした後、全員が杵(きね)による餅つきを体験をしました。7臼をつきましたが、1臼は「たがね餅」にしました。つきあげた餅は手で切り分け、きなこ餅、あんこ餅、醤油餅、おろし餅にして食べました。

img_0048img_0059img_0080img_0068img_0087img_0118

 

昔の遊び

平成28年11月8日 愛宕小学校と愛宕公民館を会場にして、小学校2年生「昔の遊び会」が開催されました。2年生83人、地域のボランティア23名で「めんこ、工作、五目ならべ、あやとり、けん玉、だるまおとし、歌あそび、竹馬、お手玉、おはじき、羽根つき」に挑戦しました。

img_0018img_0027img_0042img_0048img_0050img_0061

 

小学生の邦楽体験教室<お琴の体験>

平成28年10月20日愛宕公民館と愛宕小学校との共催事業として、愛宕小学校体育館で邦楽体験教室を開催しました。愛宕公民館の筝曲サークルの講師(長沢通子さん)と受講生が、愛宕小学校5年生の児童を指導しました。児童たちは、日本の伝統音楽の音色を聴いた後、お琴に直接ふれて演奏体験をしました。

a-1a-1-2 a-2a-3a-4a-5