帆立て貝式古墳「富士山1号墳」

三重県鈴鹿市国分町の古墳「富士山1号墳」について、今年6月に鈴鹿市が行った測量調査で、方形部が小さい「帆立て貝式古墳」と分かりました。従来は前方後円墳とされてきました。墳丘に生えていた雑木を地元の人たちが伐採し清掃も行っています。全長54m、高さ5.5m、周囲には周濠が巡り、規模の大きい古墳です。駐車場はありませんが、近くの菅原神社駐車場から歩いて行けます。近くに国史跡伊勢国分寺跡もあり、地域の人たちが古代史を生かした地域おこしとして整備を検討しています。 (令和2年11月7日 愛宕公民館)

円形の墳丘

円形の墳丘

写真左部分が方形部分

写真左部分が方形部分

菅原神社

菅原神社

 

鈴鹿の田んぼに巨大ペンギン<稲わらアート「>

三重県鈴鹿市深溝(ふかみぞ)町の田園地帯で、深伊沢(ふかいざわ)地域づくり協議会が稲わらで作っていた高さ四メートル余のペンギンが出来上がりました。農村のシンボルとして来春まで飾られます。写真は制作にあたって監修した鈴鹿市文化振興事業団の上原正廣さん。 (令和2年11月6日 愛宕公民館)

IMG_4284 (3)

愛宕小学校創立70周年記念写真展

愛宕小学校(三重県鈴鹿市東江島町)では、創立70周年記念行事として、創立当時(昭和25年)から現在までの写真展示を行います。【期間】令和2年11月6日(金)~11月17日(火)10時~15時(土・日を除く)  【場所】愛宕小学校コミュニティルーム(南館1階西側) 【展示内容】学校に残っていた写真や地域の人から借りた懐かしい写真を展示します。 愛宕小学校は、昭和25年9月20日 白子小学校の一部(江島、愛宕)と若松小学校の一部(原永)が一つになり、愛宕小学校が誕生しました。これまで約6,800人が卒業しました。 (令和2年11月4日 愛宕小学校PTA 愛宕公民館)

IMG_0011 (2)IMG_0008 (2)IMG_0012 (2)

新名神高速道路「鈴鹿PA」でホンダF1マシン展示

新名神高速道路「鈴鹿パーキングエリア」(三重県鈴鹿市山本町)でホンダF1マシンが展示されています。マクラーレンホンダMP4/7 v型12気筒3,497ccです。展示期間については⇒HP「鈴鹿市地域資源活用課」  PA内のフードコートでは、鈴鹿市の伝統産業である伊勢型紙をモチーフにした素材を活用した通路壁面を見ることができます。  (愛宕公民館 令和2年9月13日)

DSCN7567DSCN7573 (2)DSCN7571

柴燈護摩(採灯護摩)

令和2年8月24日 三重県鈴鹿市江島6丁目地蔵堂で伊勢山上(いせさんじょう)柴燈護摩(採灯護摩 さいとうごま)法要が行われました。井桁(いげた)に積み上げた護摩木に点火し、山伏姿の修験者による護摩法要が行われました。 今年は地蔵盆が中止になったため、24日に行われました。通年は25日です。 (愛宕公民館 令和2年8月24日)

IMG_0080IMG_0097 (2)IMG_0105 (2)

愛宕公民館エントランスの鈴虫が鳴きだしました

IMG_0016IMG_0051 (2)

 

愛宕公民館で飼っているスズムシは数匹になり、秋の季節とともに鳴き声も終わりとなりました。(愛宕公民館 令和2年9月10日)

愛宕公民館エントランスで飼っている鈴虫が鳴きだしました。まだ鳴きなれていないようで、リーンリーンといった綺麗な鳴き声は、もう少し後になりそうです。(愛宕公民館 令和2年8月6日)

 

愛宕公民館では、今年もスズムシを地域の人からいただきました。鈴虫専用のエサと一緒にキュウリ、ナスを与えています。8月のお盆ころになると鳴きだします。   (愛宕公民館 令和2年6月24日)

IMG_0027IMG_0028

 

「歴史講座」~愛宕地域の歴史~ 愛宕地域づくり協議会文化部

IMG_0008IMG_0011

 

 

愛宕地域づくり協議会文化部「歴史講座~愛宕地域の歴史~」を開催しました。【日時】令和2年7月21日 【場所】愛宕公民館ホール 【講師】平子隆之公民館長 【内容】古代~中世~江戸時代の愛宕地域、鈴鹿海軍航空基地、愛宕地域の祭礼・伝統行事、愛宕小学校の歴史、産業交通(白江野用水・伊勢型紙・近鉄)など、愛宕公民館が収集した愛宕地域の写真、資料などをパワーポイントで編集し、プロジェクター・スクリーンを使って紹介しました。 <次回歴史講座>令和2年8月18日(火)10時~「古代から戦国期の岸岡~岸岡山古墳群・岸岡城跡~」 講師:鈴鹿市文化財課 藤原秀樹さん 参加費:無料  (令和2年7月22日 愛宕公民館)

 

伊勢型紙・小本の活用―Their technique, their beauty ”Traditional japanese stencil design”  

愛宕公民館では、岡田文化財団の助成を得て、伊勢型紙「こほん」の精緻な文様を活用する検討を行っています。行灯への活用、タペストリーとして利用など地域の各分野の専門的技術を持った人たちの支援を得て調査・試作を行っています。三重県鈴鹿市が誇る伝統文化「伊勢型紙」について、調査を行っていきます。  Ise Paper StenciisーTraditional japanese stencil designー  Ise paper stencils are used in dyeing fabrics,principally Kimono fabrics.  <Process of production> Drawing design ⇒Carving small model<kohon> ⇒Copy of the carved design ⇒Carving the final model.  Atago community center愛宕公民館 phone:059-388-5909 (Suzuka City,Mie Prefecture)  <伊勢型紙「こほん」の一例>

DSCN0639DSCN0645DSCN0658DSCN0650DSCN0775DSCN0782DSCN0874DSCN0876DSCN1082                     

史跡伊勢国分寺跡歴史公園

国史跡「伊勢国分寺跡」(三重県鈴鹿市国分町)の保存整備事業が終了し、歴史公園として供用開始されています。建物復元はありませんが、現地の案内表示で具体的な伽藍配置がイメージできます。鈴鹿市考古博物館3階展望デッキからは、鈴鹿山脈の山並みを背景に歴史公園全景を見ることができ、往時における伊勢国分寺の広さや景観を体感することができます。歴史公園には全面に芝を貼り、散策路や説明看板が設けられています。中門・回廊・金堂・講堂・僧房及び180m四方の築地塀を土盛りで表示しています。復元イラストに描かれている七重塔、鐘楼、経蔵は、発掘調査で遺構が発見されていないため、想定復元です。国分尼寺は、現在の国分町集落のところではと考えられています。  (愛宕公民館 令和2年6月6日)

DSCN7440 (2)国分寺跡DSCN7436 (2)DSCN7437DSCN7453

 

 

 

 

愛宕地域の歴史を調べています④

愛宕地域の歴史④【愛宕小学校】写真1:昭和25年開校。白子小学校と若松小学校の生徒対面。 写真2:昭和27年小学校周辺。 写真3:昭和44年。2階と1階木造校舎。白い屋根の講堂と西側に隣接していた愛宕幼稚園。

img048img049img110 (2)