愛宕公民館 令和元年度歴史講座

7月23日(火)10時~「壬申の乱と古代伊勢国」講師:斎宮歴史博物館 天野秀昭さん  日本古代史上最大の内乱、壬申の乱。乱の舞台となった伊勢国の動向や、乱後に天武天皇の娘で万葉集に哀歌を残した最初の斎王大来皇女を紹介します。斎宮跡の最新の発掘調査成果も含め紹介します。 

9月3(火)10時~「伊勢神宮と考古学」講師:三重県埋蔵文化財センター 穂積裕昌さん  伊勢神宮の成立について、文献史料による解釈とともに考古学の観点から解説します。三重県北勢地域の最新の発掘調査成果も紹介します。

10月9日(水) 史跡見学「豊川海軍工廠遺跡と三河国国分尼寺跡」  豊川海軍工廠は、海軍が使用する機銃、弾丸などを生産した巨大兵器工場で、終戦間際の空襲で多大な犠牲被害を出しています。火薬庫跡や信管置場跡などが史跡公園として整備されています。国分尼寺跡は、中門建物復元、金堂基壇復元、講堂跡・回廊跡表示などが保存整備されています。平子公民館長が、鈴鹿海軍工廠・伊勢国分寺と比較して説明します。現地では、豊川平和交流館、三河天平の里資料館の案内ボランティアの方に解説してもらいます。歴史講座参加費300円、史跡見学は別途バス代が必要。

DSCN1582DSCN1578DSCN1597

歴史講座<東海道を歩く(井田川)>

東海道は江戸時代に整備された五街道の一つです。旧街道沿いには、一里塚、道標、常夜燈など当時の面影が今も残っています。令和元年6月4日 愛宕公民館歴史講座として、汲川原橋からJR井田川駅まで旧東海道を歩きました。➀東海道と鈴鹿川堤防に南北に直交して女人堤防(三重県鈴鹿市汲川原町)があります。女人堤防石碑、神戸領境界石柱が立っています。②川俣神社(中冨田町)境内には、一里塚跡碑、常夜燈、楠の大木、亀山領境界石柱などがあります。③常念寺(中富田町)本堂天井に描かれた仏様の絵と襖の龍が凄い。住職が描いた絵。④川俣神社(西冨田町)境内には、山神、常夜燈、旧和橋欄干親柱(おやばしら)、神戸城主織田信孝ゆかりの井戸跡無上冷水井跡石柱があります。②④川俣神社は共に街道ではなく鈴鹿川川面に向いています。鈴鹿川沿岸には同名称の川俣神社が6社もあります。⑤地福寺境内の毘沙門堂脇に多羅葉(たらよう)の木があります。タラヨウの葉は字が書けることからハガキの語源となりました。⑥JR井田川駅には、ヤマトタケル像が設置されています。 ヤマトタケルゆかりの野褒野陵は歩いて30分ほどのところにあります。(令和元年6月4日)

123456789

 

 

歴史講座④ 「三重県のお城」

平成30年12月5日 第4回歴史講座「三重県のお城」を開催しました。講師:三重県史編集委員駒田利治さん。元三重県職員(埋蔵文化財)で県内城郭の研究者です。三重県内の織豊期の代表的な城郭を例に解説していただきました。

IMG_0019IMG_0022

歴史講座③「江戸時代の武士の生活」

平成30年10月16日 第3回歴史講座「江戸時代の武士の生活」を開催しました。講師:亀山市教育委員会生涯学習室長 亀山 隆さん。 亀山城二之丸跡の発掘調査でわかった武士の生活を解説していただきました。発掘調査により、二之丸御殿礎石の据え直し痕跡が認められたこと、住居絵図と礎石配置が一致したこと、茶器やお庭焼の錦窯破片の出土など大名・殿様の生活の一端が分りました。殿様は気楽な稼業ではなかったようです。 講座終了後、江島若宮八幡神社の絵馬を見学しました。三重県の文化財に指定されています。

IMG_0042IMG_0045IMG_0050 (2)IMG_0052 (2)IMG_0062IMG_0057IMG_0063

歴史講座②郷土の歴史再発見

平成30年9月11日歴史講座②「郷土の歴史再発見」を開催しました。講師:鈴鹿市考古博物館 藤原秀樹さん。伊勢国府を中心に最近の発掘調査で新しく分ってきたことを解説していただきました。伊勢国府跡(三重県鈴鹿市広瀬町)では、政庁の正殿・後殿の基壇が1mほどの高まりとして残っており、全国的にみても、これほど残りのよい政庁跡はありません。政庁北側の方格地割の南北大路は、その溝が最近の発掘調査で政庁近くまで延びていることが確認されました。政庁跡では、重圏文軒丸瓦や重廓文軒平瓦が出土しています。次回は10月16日「江戸時代の武士の生活」です。

IMG_0035IMG_0044IMG_0050

歴史講座参加者を募集=郷土の歴史を分かりやすく解説=

愛宕公民館平成30年度定期講座歴史講座の参加者を募集しています。 平成30年9月11日(火)13時30分~「郷土の歴史再発見」講師:鈴鹿市考古博物館藤原秀樹さん 伊勢国府跡の方格地割と政庁のつながりを示す新しい発掘成果、国分寺の塔はあったのか、鈴鹿市内の最近の発掘成果 など  平成30年10月16日(火)10時~「江戸時代の武士の生活」講師:亀山市教育委員会亀山隆さん 亀山城の御殿跡調査で分かった殿様や武士の暮らし、日常を解説します。 平成30年12月5日(水)10時~「三重県のお城」講師:三重県史編集委員駒田利治さん 神戸城、亀山城、桑名城など三重県内の近世城郭を解説します。城絵図の展示も行いますので縄張りの違いが確認できます。会場:愛宕公民館ホール 参加費200円    鈴鹿市考古博物館⇒鈴鹿市遺跡発掘情報  三重県史編集「三重県史」編さん   亀山市歴史博物館⇒亀山市史通史編近世

伊勢国府政庁

伊勢国府政庁

方格地割幅24m南北道路

方格地割幅24m南北道路

  

明治初期神戸城絵図

明治初期神戸城絵図

歴史講座:東洋一の火薬庫と戦闘機飛燕を見学

 

平成30年7月2日 歴史講座バス研修「戦争遺跡の新しい発見」を開催しました。東洋一の陸軍火薬庫跡と陸軍戦闘機飛燕(ひえん)実機を見学しました。 岐阜県関ケ原町に残る旧陸軍火薬庫「名古屋陸軍兵器補給廠関ケ原分廠」は東洋一の規模と称されました。広大な跡地に火薬庫の洞窟倉庫や立哨台が残っています。地元の玉区長岩津さんに現地説明していただきました。 午後は、平成30年3月にリニューアルオープンした「岐阜かかみがはら航空宇宙博物館」で屋内外に展示されている飛行機を見学しました。ここには、現存する唯一の液冷倒立V型12気筒エンジンの飛燕が展示されています。参加者45名 参加費3,000円(博物館入館料を含む)

洞窟火薬庫

洞窟火薬庫

火薬庫内部

火薬庫内部

半洞窟火薬庫

半洞窟火薬庫

航空宇宙博物館

航空宇宙博物館

陸軍戦闘機飛燕

陸軍戦闘機飛燕

博物館内部展示

博物館内部展示

河川環境楽園

河川環境楽園

 

 

Takada Honzan Senjuji Temple 高田本山専修寺が国宝に!

の文化審議会は平成29年10月20日、三重県津市一身田の真宗高田派本山専修寺(せんじゅじ)の御影堂と如来堂の2棟を国宝に指定するよう、文部科学大臣に答申しました。その後、平成29年11月28日文部科学省告示により国宝として指定されました。三重県初の国宝建物です。(平成29年11月30日)

真宗高田派本山専修寺(せんじゅじ 三重県津市一身田町)は、三重県最大の仏教寺院です。広大な境内には多くの建造物が建ち並び、中でも13棟の建造物が国の重要文化財に指定されています。専修寺最大の建物である御影堂(みえいどう)は、木造建築物としては全国で5番目の大きさです。山門をくぐると如来堂と御影堂が堂々とした姿を現します。専修寺御影堂は350年前、如来堂は270年前に建てられた三重県が誇る歴史的建造物です。御影堂は平成12年~20年に総工費29億円をかけて修復工事を行いました。 (平成28年6月29日)

Takada Honzan Senjuji Tempe,head temple of Shinshu Takada-ha(the Shinshu Takada sect of the Jodo Shinshu Buddhist school). It is the largest Buddhist temple in Mie Prefecture. It is popularly known as Takada Honzan. In the spacious compounds are 13 structures designated as important national cultural properties.

御影堂 ①如来堂 ②山門 ③唐門 ④太鼓門⑤御廟唐門・透塀 ⑥

 

歴史講座④<北勢の戦国山城と史跡めぐり>

a1-1a1a2a3

 

 

 

 

 

 

平成29年12月5日 愛宕公民館歴史講座「北勢の戦国山城と史跡めぐり」を開催しました。三重県には多数の文化財が残されています。これらの文化資産を地域の共通財産として保存し守り育てていくため、地域の歴史を学びました。ヤマトタケルの伝承が残り三重県の県名の由来となった「杖衝坂」、戦国時代の城郭形状を残し曲輪間に掘り入まれた空堀や堀切、巨大な土塁など迫力のある巨大山城の「采女城」、幅が15m・深さ5mと北勢地方で最大級の規模の掘、低土塁で囲った屋敷跡と思われる区画、明確な城道など采女城とは異なる特徴をもつ「保々西城」、菰野町竹成の「五百羅漢」をバスを使って巡りました。現地での解説は、愛宕公民館 平子館長が行いました。参加者37人

采女城跡

采女城跡

保々西城跡現地看板

保々西城跡現地看板

保々西城空堀

保々西城空堀

杖衝坂

杖衝坂

 

歴史講座③「東海道と亀山城」

平成29年10月24日 愛宕公民館歴史講座③「東海道と亀山城 ~庄野宿から鈴鹿峠まで~」を開催しました。古代において都から各地を結んだ直線道路の存在、直線道路を基軸とした方形の区画、鈴鹿峠の鬼伝説など道でつながる歴史を分りやすく解説していただきました。講師:亀山市教育委員会生涯学習室 亀山隆室長

歴史講座

歴史講座

京都祇園祭「鈴鹿山」

京都祇園祭「鈴鹿山」