館長の訪問日記

活動内容

日本農業遺産「鳥羽・志摩の海女漁業と真珠養殖業」

平成30年5月24日 三重県庁を訪問し、三重県農林水産部と三重県教育委員会で三重県の鳥羽・志摩地域における海女漁業について情報収集しました。海女漁業は、平成29年3月に「鳥羽・志摩の海女漁業と真珠養殖業」が日本農業遺産に認定されました。同じく平成29年3月に「鳥羽・志摩の海女漁の技術」が国重要無形民俗文化財に指定されました。日本農業遺産は、日本において重要かつ伝統的な農林水産業を農林水産大臣が認定する制度です。平成29年3月に日本農業遺産として8地域が認定されました。三重県では、尾鷲市・紀北町の尾鷲ヒノキ林業も認定されました。 (世界農業遺産には、日本では平成30年4月現在、11地域が認定されています。) 愛宕公民館では鳥羽地域の海女の現地調査を行い、海女漁についての企画展示を行う予定です。日本農業遺産⇒農林水産省HP 国指定重要無形民俗文化財⇒三重県教育委員会HP

みえ県展を見てきました

平成30年5月24日三重県総合文化センター三重県文化会館で開催されている「みえ県展」を見てきました。愛宕公民館のサークル講師、サークル生、主催事業講師の方々が入選していました。写真部門:蔭地敏男さん「「窓の誘惑」in亀山トリエンナーレ2017」、川本修さん「視線」、長太正雄さん「冬日」、書部門:樋口鼎乎さん「古事記一節」、工芸部門:堂原正道さん「叫び」 (写真は会場スタッフの許可を得て撮影)

IMG_0027 (2)IMG_0029 (2)IMG_0026IMG_0025IMG_0030IMG_0032

ハナミズキ

3月から4月は、梅から桜そして花桃へと花が咲き誇ります。花桃の花が終わるとハナミズキの花の時期になります。ハナミズキは、庭木や街路樹として植えられています。「薄紅色の可愛い・・・・」と歌われるように、白色や薄いピンクの花をつけます。英語ではDogwoodです。写真はアピタ鈴鹿店(三重県鈴鹿市南玉垣町)立体駐車場南側に咲いているハナミズキです。 <平成30年4月22日>

DSCN9997DSCN9996DSCN9993

 

井田川の魅力再発見

三重県鈴鹿市井田川地区の「マイタウン井田川まちづくり委員会」が、鈴鹿市役所1階市民ギャラリーで「井田川あるものさがし~井田川地元学~パネル展」を開催しています。井田川地区の魅力についてまとめた展示が並んでいます。4月22日まで。

IMG_0013IMG_0011IMG_0012

現存する旧陸軍戦闘機「飛燕」

岐阜かかみがはら航空宇宙博物館が平成30年3月24日リニューアルオープンしました。4月13日今回の改装で新たに展示された三式戦闘機「飛燕(ひえん)」を見てきました。唯一現存する 旧陸軍戦闘機です。星型空冷エンジンが主力であった日本軍機の中にあって、液冷エンジン装備の細見な機体の戦闘機です。液冷式エンジンに不可欠なラジエーターが胴体下部中央に見ることができます。液冷倒立V型12気筒エンジンの実物も展示されていました。7月に関ヶ原火薬庫とともに公民館歴史講座バス見学研修を予定しています。

DSCN0015 - コピーDSCN0034 - コピーDSCN0046 - コピー