館長の訪問日記

活動内容

すずか消費生活展

平成31年2月9日・10日 鈴鹿ハンター(三重県鈴鹿市算所2丁目)で第30回すずか消費生活展が開催されています。鈴鹿市生活学校主催で、衣食住の分野の活動成果を発表しています。手芸作品展示、手作りおやつ試食・健康茶試飲、三重県計量協会の体温計点検、地球温暖化防止センターのエコライフチェックなど日常生活で参考になるコーナーが沢山あります。(平成31年2月9日)

IMG_0083IMG_0071IMG_0076IMG_0078IMG_0072IMG_0082

日展東海展を見てきました

平成31年2月8日 愛知県美術館で開催されている第5回日展東海展を見てきました。愛宕公民館でスタイロフォーム・和紙講座の講師をお願いしている上原正廣さんが彫刻部門で、子ども書道サークル講師の樋口弓弦さんが書部門で入選しています。2月17日まで開催。 (今回の日展から写真撮影ができるようになりました。)

IMG_0045IMG_0064IMG_0042

三重県鈴鹿市庄内を訪ねて

平成31年2月3日 来年度の愛宕公民館事業の現地事前調査のため鈴鹿市庄内を歩きました。情報収集に当たっては庄内公民館の協力を得ました。現地へはcーバスを利用しました。①姫塚古墳 ②四辻古墳群 東庄内町の御幣川西岸段丘上の松林内に36基の古墳群が確認できます。ほとんどの古墳の上部は盗掘で凹んでいます。③養福寺 東海白寿三十三観音霊場の16番札所です。 ④吉尾道場跡 東庄内町の八島川段丘上に立地し、浄土真宗高田派の布教拠点となった場所で、秀吉の峯城攻めの時の陣跡との伝承があります。高さ2mほどの土塁と北側土塁下方中段に帯曲輪と思われる段差が見られます。⑤庄内神社 庄内公民館の近くにあり、本殿は本格的な神明造です。三重県観光連盟の「三重県の絶景TOP10」第10位に庄内神社の桜が選出されています。⑥興隆寺 西庄内町の臨済宗東福寺派寺院。禅宗寺院として手入れの行き届いた庭があります。境内のイチョウは、幹回り5m、高さ35mの大木です。4月2日に公民館健康ウォークを実施する予定です。

①姫塚古墳

①姫塚古墳

②四辻古墳群

②四辻古墳群

③養福寺

③養福寺

③-2養福寺白寿観音

③-2養福寺白寿観音

⑤庄内神社

⑤庄内神社

⑥興隆寺

⑥興隆寺

 

三重県総合博物館「くらしの道具」展

三重県総合博物館(三重県津市一身田上津部田)で、「くらしの道具」展が開催されています。明治時代から平成にかけての様々な生活用具が紹介されています。かつて私たちの身近なところで使われていた懐かしい生活道具や見慣れない珍しい道具が、数多く展示されていました。小学生が見てもわかるように、わかりやすい解説がされていました。企画展は平成31年2月17日まで開催。(平成31年1月30日)

IMG_0172IMG_0162IMG_0147IMG_0118IMG_0149IMG_0157

まちかど博物館 芙蓉館・勢松丸資料館

平成31年1月21日 まちかど博物館「芙蓉館・勢松丸資料館」(三重県鈴鹿市江島本町)を見学しました。芙蓉館・勢松丸資料館は、江戸時代の廻船問屋松野家の土蔵を改装して所蔵品を展示しています。松野家は江戸時代、6隻の廻船を所有する豪商でした。(参考:鈴鹿市史第2巻P.291) 今回は考古資料を中心に展示しています。松野家は京都で芙蓉館という化粧品の出店を持っており、多くの版木が残っています。開館日時⇒HPまちかど博物館 

IMG_0056IMG_0055IMG_0047IMG_0052IMG_0061