館長の訪問日記

活動内容

避難所としての公民館の対応・地域との連携

平成30年9月30日三重県内を通過した台風24号により、避難所に身を寄せた住民の人たちは不安な夜を過ごしました。停電、高潮対策、交通機関の運休など各地で混乱が発生しました。三重県鈴鹿市でも、堀切川が氾濫危険水位を超えたため避難勧告、避難準備情報が出され、多くの人が公民館や小学校に避難しました。内陸部の公民館では、100人近い人が海岸部や堀切川周辺から避難してきたところがありました。また、公民館近くの小学校は、60人程が避難してきました。公民館及び小学校が避難所としてどのように対応したか、今後の災害対応の教訓になると思われるので、10月5日この公民館に赴き、問題・課題などを聞いてきました。

<公民館>・公民館内に96人収容したが、駐車場には車の中に10人以上いた。 ・公民館保管の毛布では足りず、毛布60枚を追加した。 ・発電機、非常照明を設置した。 ・ペット(犬、猫)の持ち込み要望が強く対応に苦慮した。 ・近くのコンビニが停電により閉店し、飲み物の確保に困った。 【避難者が持参するとよいもの】①飲み物、食べ物 ②電灯(照明器具) ③毛布 ④毛布の下にひくもの

<小学校>・地区外からの避難者が多いため、駐車場の場所が分からず、学校周辺に車があふれていた。 ・体育館のトイレが少なく、トイレットペーパーが不足し困った。 ・ガムテープ、養生テープ、マジックなど文具が無く、市本庁から来た職員では文具の所在が分からず出せなかった。本庁職員2名では対応できまかった。 ・校内の照明が不足 

<地域の協力>公民館職員3人では多数の避難者への初期対応が大変だったようです。小学校では、学校施設に不案内な市本庁職員2人では対応できなかったようです。地元の地域づくり組織の役員6人の方々が応援にかけつけ、案内など避難支援の対応に当たりました。6人のうち3人が小学校へまわり、避難支援を行ったようです。多くの人が集まった避難所では、地元の人の助けが必要です。避難する地域、受け入れる地域のそれぞれの地域づくりでどのように避難支援するか・・・重要な課題ではないでしょうか。

行灯の制作  Andon<Paper-covered lantern>

行灯(あんどん)を3基作っています。前回制作した行灯の2/3の大きさです。今回は、愛宕公民館サークル生の軣(とどろき)英隆さんの協力を得ました。館長が基本設計と木材・LED電球など機材の調達をし、軣さんは表具師の経験を活かして木組み・障子紙貼りを行いました。愛宕公民館では来年1月に伊勢型紙彫刻の講座を予定しており、この講座で彫った伊勢型紙を行灯に貼り完成させます。(平成30年10月8日)

t-1t-2t-3t-4t-5t-6t-7t-8t-10

「ブレンディの森」自然体験に参加しました

DSCN0343DSCN0356DSCN0365DSCN0370DSCN0386

 

 

平成30年10月6日 親子森林散策「ブレンディの森」自然体験に今年も参加しました。平成30年1月に森づくり活動エリアが拡大し、今回はこの新規拡大した区域で樅の木の鉢植え作りをしました。森の散策後は、馬子唄会館で丸太切りを体験し、コースターを作りました。ブレンディの森HP⇒AGF森づくり活動 (平成30年10月7日) 

コーヒーメーカーのAGF鈴鹿は、鈴鹿川の伏流水を使用していますが、この水を育むのが鈴鹿山麓の森です。AGF鈴鹿は、この鈴鹿川上流(三重県亀山市関町)の森を整備しています。豊かな自然や清らかな水を育む大切さを体験する「ブレンディの森」森づくり活動が行われています。平成29年3月25日AGFブレンディの森散策自然体験ツアーに参加しました。平成26年から間伐、山道づくり、ベンチ設置、樹名板取り付けなどが進められ、現在は日光が差し込む明るい森になっています。今後のさらなる整備で下草が生え、緑豊かな自然があふれる、いきいきとした森となるでしょう。参照:三重県HP「企業の森」 (平成29年3月27日)

IMG_0157IMG_0114IMG_0125IMG_0134

名古屋城本丸御殿 Nagoya Castle Hommaru Palace

名古屋城本丸御殿は、尾張藩主の住まいとして徳川家康の命により慶長20年(1615)に建てられました。上洛殿は、20年後の寛永11年(1634)に三代将軍家光の上洛にあわせて増築されました。昭和20年の空襲で天守閣とともに全焼しましたが、名古屋市では平成21年から本丸御殿の復元に着手し、順次部分公開していましたが、平成30年6月に上洛殿完成にあわせ完全公開となりました。

na-1 - コピーna-2 - コピーna-3 - コピーna-4na-5na-6

伊勢型紙資料館 <Ise Katagami Museum>

平成30年8月26日 伊勢型紙資料館(三重県鈴鹿市白子本町)で開催されていた「甲州印伝」展を見てきました。伊勢型紙資料館は江戸末期の建築物で、伊勢型紙の生産から販売まで行っていた寺尾家から鈴鹿市に寄贈され、型紙関係の町屋建築の代表例として鈴鹿市史跡に指定されています。伊勢型紙資料館HP⇒鈴鹿市文化財ガイド  The house of the museum was built at the end of Edo era,more than 100years ago,and it displays Katagami works and tools.

IMG_0139IMG_0136IMG_0135