館長の訪問日記

活動内容

鈴鹿の東海道(井田川)

東海道は江戸時代に整備された五街道の一つです。旧街道沿いには、一里塚、道標、常夜燈など当時の面影が今も残っています。平成31年3月13日 汲川原橋からJR井田川駅まで旧東海道を歩きました。➀②東海道と鈴鹿川堤防に南北に直交して女人堤防(三重県鈴鹿市汲川原町)があります。女人堤防石碑、神戸領境界石柱が立っています。③川俣神社(中冨田町)境内には、一里塚跡碑、常夜燈、楠の大木、亀山領境界石柱などがあります。④⑤⑥川俣神社(西冨田町)境内には、山神、常夜燈、旧和橋欄干親柱(おやばしら)、神戸城主織田信孝ゆかりの井戸跡無上冷水井跡石柱があります。③④川俣神社は共に街道ではなく鈴鹿川川面に向いています。鈴鹿川沿岸には同名称の川俣神社が6社もあります。⑦地福寺境内の毘沙門堂脇に多羅葉(たらよう)の木があります。タラヨウの葉は字が書けることからハガキの語源となりました。⑧栄寿堂(三重県亀山市井田川町)は街道沿いの和菓子店で、店内にはかつて祝用の菓子を入れた「折箱」が展示されています。⑨JR井田川駅には、ヤマトタケル像が設置されています。 愛宕公民館健康ウォーク事前調査として歩き、井田川公民館に協力していただきました。 参考:三重県教育委員会編「歴史の道調査報告書Ⅳ」

DSCN1534 (2)DSCN1535 (2)DSCN1517DSCN1519DSCN1530 (2)DSCN1513DSCN1524DSCN1528DSCN1527 (2)

 

菅原神社<鈴鹿市国分町>のしだれ梅

DSCN1500

 

 

 

三重県鈴鹿市国分町の菅原神社(すがわらじんじゃ)のしだれ梅が満開です。神社境内に約350本の「しだれ梅」が咲いています。ピンク、赤、白など色とりどりの梅を楽しめます。入場無料、駐車場有  美化に協力する人は入口竹筒に100円をいれてください。(平成31年3月2日)

DSCN1498DSCN1503DSCN1492DSCN1505DSCN1495DSCN1494

 

すずか消費生活展

平成31年2月9日・10日 鈴鹿ハンター(三重県鈴鹿市算所2丁目)で第30回すずか消費生活展が開催されています。鈴鹿市生活学校主催で、衣食住の分野の活動成果を発表しています。手芸作品展示、手作りおやつ試食・健康茶試飲、三重県計量協会の体温計点検、地球温暖化防止センターのエコライフチェックなど日常生活で参考になるコーナーが沢山あります。(平成31年2月9日)

IMG_0083IMG_0071IMG_0076IMG_0078IMG_0072IMG_0082

日展東海展を見てきました

平成31年2月8日 愛知県美術館で開催されている第5回日展東海展を見てきました。愛宕公民館でスタイロフォーム・和紙講座の講師をお願いしている上原正廣さんが彫刻部門で、子ども書道サークル講師の樋口弓弦さんが書部門で入選しています。2月17日まで開催。 (今回の日展から写真撮影ができるようになりました。)

IMG_0045IMG_0064IMG_0042

三重県総合博物館「くらしの道具」展

三重県総合博物館(三重県津市一身田上津部田)で、「くらしの道具」展が開催されています。明治時代から平成にかけての様々な生活用具が紹介されています。かつて私たちの身近なところで使われていた懐かしい生活道具や見慣れない珍しい道具が、数多く展示されていました。小学生が見てもわかるように、わかりやすい解説がされていました。企画展は平成31年2月17日まで開催。(平成31年1月30日)

IMG_0172IMG_0162IMG_0147IMG_0118IMG_0149IMG_0157