お知らせ

一覧

エントランスで職員作品展示

IMG_0146

平成30年8月28日 愛宕公民館エントランスに公民館職員の伊勢型紙作品と陶芸作品を展示しました。小学生対象の公民館主催事業に際して、職員も参加して制作したものです。花瓶の花桃は、公民館入口花壇に植えてある花桃の枝を切ったものです。

手作り伊勢型紙行灯を出展

平成30年8月17日 子安観音寺(鈴鹿市寺家町)で開催された第19回「あかりフェスタ」に愛宕公民館として手作り伊勢型紙行灯(あんどん)4基を出展しました。愛宕公民館伊勢型紙サークル、伝統文化ふれあい子ども教室、女性グループなどが制作した伊勢型紙作品です。行灯の木枠は、4基とも公民館長の手製です。

DSCN0190DSCN0176DSCN0188

 

鈴虫が鳴き始めました

IMG_0060IMG_0030

 

公民館エントランスで飼っている鈴虫のオスの形がよく分るようになってきました。7月末から鳴き始めたようですが、8月に入るとオスの綺麗な鳴きごえ(羽で!)が聞こえるようにまりました。自宅の鈴虫は、暑い部屋からクーラーの効いた涼しい部屋に置き換えたら、急に鳴きはじめました。鳴くのは室温が関係しているようです。(8月5日)  毎日よく鳴いています。(8月11日)   鈴虫の数が減ってきました。鳴き方が弱弱しくなってきたようです。オスが少なくなってメスが残っています。(9月17日)

 

 

DSCN9998

 

 

愛宕公民館エントランスの鈴虫は、大きくなり動き回っているのがよく分ります。毎日エサのナス、キュウリ、スズムシ専用小粒エサを与えています。(平成30年7月8日)

 

2T3A3597

愛宕公民館の近隣の方から、今年も鈴虫が孵化したとの連絡がありました。孵化した時は真っ白ですが、すぐ黒くなります。専用の土の上に、近くの公園の廃木で作った登り木・止まり木を設置しました。幼虫は脱皮しながら成長していきます。愛宕公民館エントランスで何時でも見られます。(平成30年6月12日)

三重テラスで鈴鹿墨体験

平成30年8月4日・5日三重テラス(東京都中央区日本橋室町)で「彩を楽しむ鈴鹿墨体験」が開催され、愛宕公民館子ども書道講師 樋口弓弦さんが講師を務めます。伝統工芸品「鈴鹿墨」の彩墨(さいぼく)を使用してハガキサイズの作品を作ります。イベント情報⇒三重テラスHP