地域の情報

活動

愛宕地域づくり協議会防災マップ(津波避難ビルマップ)を作成

令和3年8月12日鼓ヶ浦公民館で防災マップ(津波避難マップ)制作を始めました。鼓ヶ浦公民館は、愛宕公民館・白子公民館と同じく海岸近くに立地しています。旧伊勢街道は、海岸からやや離れ、内陸部に迂回しています。都市計画図4枚を貼り合わせて作成します。(令和3年8月12日)

愛宕公民館では、江島・白子地域の津波避難ビルを表示した防災マップ(津波避難ビルマップ)を作成しました。津波避難ビルは、津波発生時に逃げ遅れた人が一時的に緊急避難する施設です。愛宕公民館・白子公民館・鼓ヶ浦公民館の3館の共同企画です。A0地形図4枚を貼り合わせ、国道・旧街道、河川を色付けし、津波避難ビルは赤色で、津波浸水予測区域は水色斜線で表示しました。できあがった防災マップを写真撮影し、現地撮影した避難ビル写真を取り込み、アルポリックパネル(1200×1800)の防災パネルも作成しました。愛宕公民館内で常設展示するとともに、今後の愛宕地域づくり協議会の防災講座で活用します。鈴鹿市HP⇒津波避難ビル一覧 (令和3年7月13日 環境安全防災部 愛宕公民館)

津波避難ビルマップ

津波避難ビルマップ

国道23号中勢バイパス<23号北玉垣高架橋鋼上部工事>

DSCN8029 (2)

 

国道23号中勢バイパス高架橋工事(三重県鈴鹿市北玉垣町地内)で国道上に橋桁が架かりました。橋脚間で組み立てられた橋桁の先端を前方台車に乗せてスライドして運搬し据え付けられました。工事の状況HP⇨「夜間作業の様子」

 

国道23号中勢バイパス高架橋工事(三重県鈴鹿市北玉垣町地内)が進められています。多軸式特殊台車を使った高架橋架設工事を見ることができます。 (令和3年7月23日 愛宕公民館)

DSCN7994DSCN8001 - コピーDSCN8002

 

 

 

 

 

中勢バイパスは、三重県鈴鹿市から津市を経て松阪市に至る国道23号のバイパスです。全長33.8kmのうち31kmが開通しています。鈴鹿市北玉垣町では「23号北玉垣町高架橋鋼上部工事」が進められています。工期は令和4年1月25日まで。コンクリート橋脚に鋼(はがね)でできた橋桁(はしげた)を架けています。国土交通省三重河川国道事務所HP⇨中勢バイパス」、高架橋鋼上部工事」  (令和3年5月30日 愛宕公民館)

k-1K-2k-3k-4k-5

愛宕地域の夏の行事

新型コロナウイルス感染症が収束しない状況から、愛宕地域の地域イベントの多くが中止となっています。春日神社(鈴鹿市南若松町)の夏祭りは中止となり秋祭りは開催未定です。江島若宮八幡神社(鈴鹿市東江島町)の江戸祭りは中止となりました。8月の江島6丁目地蔵盆は、例年の余興・抽選会・露店は中止となりますが、山上護摩法要は8月24日(火)午後2時から行われます。<写真は昨年の護摩法要>  (令和3年7月27日 愛宕公民館)

IMG_0097 (2)

歴史ウオーク 正因寺の涅槃図

愛宕公民館歴史講座では伊勢街道歴史ウォークの見学経路調査をしています。正因寺(しょういんじ 鈴鹿市寺家3丁目)では、住職が描いた涅槃図が完成しました。表装は愛宕公民館サークル生の轟(とどろき)英隆さん。街道見学のなかで拝観したいと思います。 (愛宕公民館 令和3年6月25日)

DSCN7977

 

 

歴史講座「愛宕地域の歴史」/ 近鉄名古屋線軌間拡幅工事記録映画

愛宕公民館歴史講座 令和3年3月16日 ① 愛宕地域づくり協議会(愛宕公民館)が情報・写真収集して編集したホームページ「愛宕の歴史」を歴史講座として解説しました。岸岡山古墳群、伊勢街道絵図、鈴鹿海軍航空基地、祭礼・伝統行事、懐かしい写真など、愛宕地域の歴史をプロジェクター・スクリーンを使って紹介。 ② 近鉄が名古屋線の伊勢湾台風復興と軌間拡幅工事を行った工事記録映画(昭和34年 40分)を視聴。 「伸びゆく近鉄・名古屋線軌間拡幅工事の記録」 近鉄は名古屋線の広軌化を昭和33年から計画し準備を進めていたところ、昭和34年9月伊勢湾台風により名古屋線は甚大な被害を受けました。しかし、台風による水没区間災害復旧を機に、名古屋線80km標準軌化を一挙に完工する事業を完了し、62日間で全線復旧、広軌化を成し遂げました。「伸びゆく近鉄」は半世紀以上も前に作られた工事記録映画ですが、近鉄の歴史を知る貴重な記録映像です。記録映像DVDは歴史講座で使用することで近鉄から借用しました。