お知らせ

一覧

プッシュ型支援・対口支援

IMG_0085

 

北海道の地震で震度7を観測した厚真町など被災3町に、パートナー自治体を割り振る「対口支援」(たいこうしえん)方式で派遣された東北と新潟の7県の応援職員は延べ682人になりました。総務省が9月19日時点で人数を集約しました。平成30年3月に制度化された対口支援の適用は、西日本豪雨に続き2例目です。西日本豪雨では、広島県、岡山県、愛媛県の20市町に20都道県と9政令市から延べ約1万5千人が派遣されました。対口支援方式による職員派遣⇒三重県HP (平成30年9月21日)

IMG_0017

 

巨大地震・災害の発生当初は、被災自治体において正確な情報把握に時間を要し、また、必要な物資量を迅速に調達することは困難です。東日本大震災で被災者に物資が十分に行き渡らなかった経験をふまえ、国が被災した自治体からの具体的な要請を待たないで、避難所避難者への支援を中心に必要不可欠と見込まれる物資を調達し、被災地に物資を緊急輸送しています。これを「プッシュ型支援」といいます。平成28年の熊本地震で初めて実施され、平成30年7月豪雨で大きな被害が出た広島県、岡山県、愛媛県に支援物資が届けられました。  【防災企画展示】愛宕公民館では、プッシュ型支援の「国⇒三重県⇒鈴鹿市⇒市内収容避難所」の流れ、支援物資量など具体的に解説・説明した企画展示を行っています。国が配送した支援物資は、 三重県の中勢拠点「三重県消防学校防災倉庫」⇒鈴鹿市の受入れ拠点「AGF鈴鹿体育館」(江島台一丁目)、「西部体育館」(長沢町)⇒武道館、小中学校、公民館などと搬送されます。(平成30年9月8日)

平成30年9月6日発生した北海道胆振(いぶり)東部地震でも国は食料のプッシュ型支援を実施することになりました。農林水産省HP⇒プッシュ型支援

エントランスで枝の付いた柿と栗を展示

平成30年9月14日 地域の人から枝の付いた柿と栗を展示用としていただきました。花瓶と皿は、職員が陶芸教室のときに制作した作品です。花はサークル活動「フラワー教室」で講師が指導用に生けた作品です。

IMG_0053 

愛宕近隣写真展示

平成30年9月4日から愛宕公民館近隣で撮影された写真の展示を行っています。昔ながらの田植え植え方の違い、市立体育館の竣工(昭和48年)、近鉄白子駅橋上駅化の新旧東口、愛宕小学校開校(昭和25年)、江戸祭り、江島神社獅子舞(昭和37年)、農業試験場、昭和21年地蔵盆、鈴鹿海軍航空隊鈴空祭など 。    愛宕公民館近隣の懐かしい写真をお持ちの方は、展示にご協力をお願いいたします。お持ちいただいた写真は、写真撮影保存した後、お返しいたします。 展示写真の一例<近鉄白子駅の旧・新東口 提供:稲垣康彦さん、昭和30年3月愛宕小学校卒業記念 提供:塩原庸克さん、 地蔵盆や鈴空祭 提供:辻 泰さん>

IMG_0052

IMG_0002IMG_0001近鉄白子駅高架後 旧新 (3) - コピー昭和30年3月卒業 - コピー

 

 

台風21号の長期停電で役立った防災用品<ローソク>

平成30年9月4日非常に強い勢力を保ったまま徳島県南部に上陸した台風21号は、三重県北部でも猛威をふるいました。午後2時ごろから夜間にかけて長期の停電となり生活に支障がでました。今回、停電で有効性が実証されたものが、ロウソクとウチワでした。写真のローソクは、愛宕公民館の防災講座で推奨したもので、写真左ローソクは8時間、右ローソクは36時間の燃焼持続し実際の停電には有効でした。(平成30年9月5日) 百均でランタンと電球を見つけました。LED単4電池使用で、連続点灯時間は小型ランタン12時間、吊り下げ電球17時間持続です。防災用品として有効です。(9月19日)

IMG_0009DSCN0222

AEDを使った救急法講習会

 

平成30年8月29日 AEDを使った救急法講習会を開催しました。公民館職員・サークル生・講師 37名が参加しました。講習指導の資格を持つ地域の応急手当普及員3名の方の協力を得て実施しました。

IMG_0155IMG_0158IMG_0160