平成30年度サークル活動受講生募集

平成30年度の愛宕公民館サークル活動受講生を募集します。サークル活動一覧は、愛宕公民館ホームページ・トップ「サークル活動」をご覧ください。受講申し込み:平成30年3月5日(月)9時~愛宕公民館事務所窓口で受付け開始 <問い合わせ>電話059-388-5909

愛宕公民館学習発表会を開催

愛宕公民館第23回学習発表会を開催します。展示発表:平成30年2月24日(土)9時30分~16時 2月25日(日)9時30分~15時 水彩、型紙彫刻、絵手紙、書道、子ども書道、ウッドバーニング、フラワー教室、工作、刺しゅう、写真、実用書道、マナー講座、布あそび、クッキング男性、英会話、セルフリンパ、健康ウォーキング、男性の健康体操、パソコン  会席:2月24日(土)香道10時~(無料) 茶道13時~15時(お茶券200円)  舞台発表:3月4日(日) 9時30分~筝曲、謡曲仕舞、太極拳、子ども舞踊、フォークダンス、民踊、カラオケ、民謡三味線 13時~大正琴、カラオケ、3B体操、日舞新舞踊、楽しい健康体操、フラダンス、楽しい歌

鈴鹿市国府地区をめぐる<府南寺アイナシと戦争遺跡>

三重県鈴鹿市国府町・平野町・住吉町には、現在でも旧海軍工廠施設の一部が残っています。平成30年2月13日来年度公民館事業の事前現地調査を行いました。4月になると府南寺のアイナシの白い花が満開となります。三重県指定天然記念物です。平野町には、かつてあった巨大煙突「ナンバハチ」近くに、現在も海軍工廠火管圧填場跡、火薬倉庫跡が残っています。住吉町には、巨大なコンクリート壁の機銃発射場着弾場跡の威容を見ることができます。奈良池北岸には、2棟の大きな高さ5mほどのコンクリート製の疎開倉庫が残されています。住吉神社境内には、この倉庫の天窓と思われる開口部が残っています。なお、住吉神社は戦後昭和22年に設置され、疎開倉庫建設時にはこの地にありませんでした。 平成30年4月5日に「健康ウォーク戦争遺跡めぐり」を予定しています。

abcdef

 

 

鈴鹿市西部を訪ねて<だるま寺・神明社・マンボ・掩体壕>

平成30年2月8日 三重県鈴鹿市西部の深溝町~三畑町を歩きました。平成30年度事業の現地事前調査を行いました。 深溝町の江西寺は通称「だるま寺」として有名です。境内には、中国の達磨大師が亡くなられた地にあった塔が復元されています。 深溝の氏神「神明社」は春になると石楠花(しゃくなげ)が咲きほこります。神明社は宗教機能とともに供御物を伊勢神宮へ運搬するまでの一時的収納する倉庫の役割を果たしていました。三重県内では中南勢地区には神明社は皆無で北勢地区のみに集中して遠距離の桑名が最多です。中南勢地区は、伊勢神宮に近距離で直接供物を運搬できるため倉庫不要の結果とみられます。愛知県・岐阜県に神明社は多数みられます。(参考出展:「深溝・三畑・追分の郷土誌 神明社由来」p.47) 

三畑町には何本ものマンボが点在します。鈴鹿山脈東麓の扇状地に多く掘られました。水源を地下に求め暗渠で導き水田を灌漑するものです。掘削当時は、水源付近は山林でしたが現在は開墾され茶畑・花木畑となり、日穴は危険防止のため塞がれ、日穴(たて穴)の場所は分りにくくなっています。 三畑町には三重県内では唯一のコンクリート製掩体(えんたい)壕が残されています。北伊勢陸軍飛行場掩体は国の登録有形文化財に指定されています。 4月23日(月)愛宕公民館主催事業「健康ウォーク」として、これらを巡る予定です。

達磨大師塔

達磨大師塔

神明社

神明社

マンボ出口

マンボ出口

掩体壕

掩体壕

消費生活展「活かそう情報 確かな選択」

平成30年2月11日 鈴鹿ハンター(三重県鈴鹿市算所2丁目)で開催されている第29回すずか消費生活展を見てきました。食について考えようコーナー、手芸作品展、三重県地球温暖化防止センターのエコライフ診断など、「活かそう情報 確かな選択」をテーマに生活に役立つ多彩な催しでした。

a-1a-3DSCN9989

郷土料理④ 伊勢うどん、ぼた餅、あられ茶

平成30年2月6日「三重県の郷土の料理第4回」を開催し、伊勢うどん、ぼた餅、あられ茶を作りました。「伊勢うどん」は、かつての伊勢参りで混み合う客にすぐ提供できるよう汁が少なくなっています。「ぼた餅」は春の彼岸にこしあんで食べられ、「おはぎ」は秋の彼岸に粒あんで食べます。「あられ茶」はあられにお茶をかけて食べます。鈴鹿では湯をかけて食べることもあります。

IMG_0014IMG_0026IMG_0027 

 

白子高等学校吹奏楽部ドイツ公演

三重県立白子高等学校吹奏楽部は、3年に一度ドイツ公演を行っています。平成29年12月22日から8日間の日程でドイツのフランクフルトやウルムなどの都市を巡り、教会やショッピングセンターなど4会場でコンサートを行い、聴衆を魅了しました。<12月23日>フランクフルト マイツァイルショッピングセンター <12月25日>グンタースブルムの教会・ウルムのキリスト平和教会 <12月27日>ローテンブルグの聖フランシスコ教会でコンサートを開きました。1月30日 顧問の桐生智晃先生にドイツ公演について聞いてきました。どの会場も満席になり、演奏終了後、スタンディングオベーションが起こり、拍手が鳴りやまなかったそうです。吹奏楽部の生徒98人にとって、一生のよい思い出、貴重な経験になったことでしょう。(写真は白子高校吹奏楽部提供)<白子高等学校⇒HP>

フランクフルト①

フランクフルト①

フランクフルト②

フランクフルト②

グンタースブルム③

グンタースブルム③

グンタースブルム④

グンタースブルム④

ウルム⑤

ウルム⑤

ローテンブルグ⑥

ローテンブルグ⑥

ハイデルベルグ⑦

ハイデルベルグ⑦

 

魚料理教室

平成30年1月31日魚料理教室を開催しました。ブリ大根、サバのチリソース、あおさの味噌汁をつくりました。講師:豊川恒光さん 参加者名25名

IMG_0005IMG_0011IMG_0013 (2)IMG_0017

Takada Honzan Senjuji Temple 高田本山専修寺が国宝に!

の文化審議会は平成29年10月20日、三重県津市一身田の真宗高田派本山専修寺(せんじゅじ)の御影堂と如来堂の2棟を国宝に指定するよう、文部科学大臣に答申しました。その後、平成29年11月28日文部科学省告示により国宝として指定されました。三重県初の国宝建物です。(平成29年11月30日)

真宗高田派本山専修寺(せんじゅじ 三重県津市一身田町)は、三重県最大の仏教寺院です。広大な境内には多くの建造物が建ち並び、中でも13棟の建造物が国の重要文化財に指定されています。専修寺最大の建物である御影堂(みえいどう)は、木造建築物としては全国で5番目の大きさです。山門をくぐると如来堂と御影堂が堂々とした姿を現します。専修寺御影堂は350年前、如来堂は270年前に建てられた三重県が誇る歴史的建造物です。御影堂は平成12年~20年に総工費29億円をかけて修復工事を行いました。 (平成28年6月29日)

Takada Honzan Senjuji Tempe,head temple of Shinshu Takada-ha(the Shinshu Takada sect of the Jodo Shinshu Buddhist school). It is the largest Buddhist temple in Mie Prefecture. It is popularly known as Takada Honzan. In the spacious compounds are 13 structures designated as important national cultural properties.

御影堂 ①如来堂 ②山門 ③唐門 ④太鼓門⑤御廟唐門・透塀 ⑥

 

米穀料理教室

平成30年1月16日 三重県水産物消費拡大協議会とみえの米ブランド化推進会議の協力を得て、三重県産無洗米を使った料理教室を開催しました。三色ごはん、あおさの吸い物、桜餅を作りました。講師:白井孝子さん。

IMG_0101IMG_0108IMG_0107