和菓子教室

令和元年5月21日 和菓子教室を開催し、季節の和菓子を作りました。よもぎ餅と桜あんを使った吉野山ヨーカンを作りました。

IMG_0075IMG_0073IMG_0078

三重県鳥羽志摩地方の海女

令和元年5月20日 文化庁は、地域の有形・無形の文化財をテーマでまとめ、魅力を発信する「日本遺産」に新たに16件を認定しました。三重県内から「海女(Ama)に出逢えるまち 鳥羽志摩~素潜り漁に生きる女性たち」が認定されました。

鳥羽・志摩地方の海女 

  漁労の中で裸潜水の作業により採貝、採藻などに従事するものをさして「アマ」といいます。近年は、女のアマを「海女」、男のアマを「海士」と書いて区別するようになっています。海女の作業は、昔も今もアワビ、サザエ、トコブシ、ウニ、海藻などを素潜りで獲ってくる伝統漁法です。

 大正時代までは上半身裸が普通でしたが、昭和初期からは、一般的に白木綿の磯着(いそぎ)を着るようになりました。昭和40年ころからゴム製のウエットスーツの着用が始まり、現在では、健康面からも全ての地区でウエットスーツを着用しています。現在、海女の白い磯着が見られるのは、観光・イベントなどに限られています。

 現在の海女の写真は鳥羽市石鏡(いじか)の海女さんです。古橋清子さん(度会町)が鳥羽市石鏡に何度も通い海女さんの了解を得て撮影したものです。江戸時代後期に海女の姿が多くの浮世絵で描かれていますが、伝聞で描いたものと思われます。着ているものや漁で使う道具が違っています。明治に三重県が水産博覧会に出品した「三重県水産図説」に描かれている海女の姿と比べてみてください。

 海女の数は年々減少しています。三重県では、昭和24年に約6,000人いた海女が、平成15年には約1,600人(海女・海士)となっていました。三重県教育委員会の平成22・23年度「海女習俗基礎調査」による就業者は、海女978人、海士316人でした。海女の専業という状況は存在しませんでした。海の博物館の平成26年調査では、海女761人、海士288人でした。

 海女漁の技術は、平成26年1月23日に「鳥羽・志摩の海女による伝統的素潜り漁技術」として三重県無形民俗文化財に指定され、平成29年3月3日に「鳥羽・志摩の海女漁の技術」の名称で国の重要無形民俗文化財に指定されました。文化財としての「海女漁の技術」は、三重県の「鳥羽・志摩の海女漁の技術」(平成29年3月)と石川県輪島市の「輪島の海女漁の技術」(平成30年3月)の2件が国重要無形民俗文化財に指定されています。今後、ユネスコ無形文化遺産に登録されることが期待されます。

フナドアマ

フナドアマ

カチドアマ

カチドアマ

カチドアマ(2)

カチドアマ(2)

明治前半期のアワビ漁の図(三重県水産図説 明治14年)

明治前半期のアワビ漁の図(三重県水産図説 明治14年)

浮世絵に描かれた海女 (東京国立博物館蔵)

浮世絵に描かれた海女
(東京国立博物館蔵)

 

鈴鹿市の中世城郭

IMG_0064IMG_0068 (2)

令和元年5月17日 鈴鹿山麓に残る中世城郭を現地調査しました。鈴鹿山脈東麓には、集落ごとに中世戦国期の城跡が残っています。「大久保城」(三重県鈴鹿市大久保町)は法雲寺北側に残る鈴鹿市内で最大の中世城郭です。二重に土塁が巡り、西側土塁は高さ4m 上幅3~5m、南側内土塁は高さ2~3.5m 上幅2~5m、東側内土塁は高さ2.5m 上幅1~4m、南外土塁高さ1.5mの現状を確認できます。(寸法は伊藤氏調査を参考) 南側は高い内土塁と空堀さらに低い外土塁と空堀が残り戦国城郭の形状を今にとどめています。土地所有者の話では、内堀はかつては深い堀だったとのことでした。城郭の北側半部は破壊され平地の耕作地となっています。近隣の人の話では、10数年前まで土塁らしきものが残っていたとのことでした。伊藤氏の平成13年調査図面でも北側に低土塁らしき形状が描かれています。 「山本城」(鈴鹿市山本町)は西岸寺裏山に土塁がめぐる郭と空堀が残っています。丘陵西端に郭を配置し、東と南へは自然地形の尾根が続いています。これら城跡は史跡指定されていないため、破壊が心配されます。   城跡は2城ともCバス「大久保」下車5分程度です。参考:伊藤徳也「再発見 北伊勢国の城」 鈴鹿市教育委員会「鈴鹿市の文化財」

大久保城南側内土塁

大久保城南側内土塁

大久保城内空堀

大久保城内空堀

大久保城南外堀

大久保城南外堀

山本城方形郭と土塁

山本城方形郭と土塁

山本城郭を区切る堀

山本城郭を区切る堀

伊勢型紙小本(こほん)と地域資源活用

令和元年5月14日  愛宕公民館講座「伊勢型紙と地域資源活用」を開催しました。伊勢型紙小本(こほん)の写真データを地域資源としてどのように活用していけばよいか論議しました。➀伊勢型紙と鈴鹿墨(鈴鹿市文化財課) ②伊勢型紙とレーザー技術(鈴鹿工業高等専門学校) ③伊勢型紙と布プリント作品 ④伊勢型紙と行灯作品  伊勢型紙データの活用例(タペスットリー作品、行灯作品、レーザー作品)などを展示しました。日本家屋室内装飾での使用、先進自動車の装飾などに検討したいと思っています。講座では、鈴鹿工業高等専門学校材料工学科職員の中川沙織さんにレーザー加工の解説、作品説明、手ぬぐい生地への型紙模様プリント実演をしていただきました。レーザー加工技術⇒鈴鹿工業高等専門学校HP  (令和元年5月14日)

DSCN0566 (2)IMG_0021 (2)IMG_0022

 

 

 

 

 

伊勢型紙「こほん」は、着物の柄の彫刻なのでその芸術的デザインは注目すべきところがあります。小本の写真データを日本手ぬぐいの染めに活用してみました。写真①は、「ほて幸」藤田幸義さんに試作していただいたインクジェットプリント染め作品です。写真②は、鈴鹿工業高等専門学校材料工学科 江崎尚和教授の指導により試作した手ぬぐいタペストリーです。(平成31年3月7日)

①ほて幸試作手ぬぐい

①ほて幸試作手ぬぐい

②鈴鹿高専試作手ぬぐい

②鈴鹿高専試作手ぬぐい

 

 

 

 

 

 

 

伊勢型紙こほんの写真データを染型に活用できないか、手ぬぐい、のれん、のぼり旗などの制作に実績のある鈴鹿市神戸「ほて幸」藤田幸義さんと協議しました。写真データから3パターンを使い手ぬぐいを試作することになりました。    ほて幸:三重県鈴鹿市神戸2丁目 電話059-382-0088  (平成31年1月17日)

IMG_0031 (2)IMG_0030

愛宕公民館津波避難訓練

鈴鹿市立愛宕公民館は、標高4.7mに位置し、津波浸水予測区域に入っています。令和元年5月7日公民館サークル生代表者・会計会議を利用し、会議終了後に避難訓練を実施しました。大地震と津波発生を想定した館内放送の後に、サークルの代表者・会計が参加して近くの高台にある愛宕公園まで徒歩で避難しました。津波を想定して、停電時の自動ドアの開閉の仕方、車イスを利用した避難、停電した信号機の渡り方、停電で遮断機が下りたままの電車踏切の通行方法、2階家屋の瓦落下を想定した避難経路の検証など体験訓練しました。

IMG_0009IMG_0011IMG_0016

 

 

 

 

 

 

 

伊勢型紙活用例<行灯>

 

DSCN0009 - コピー (2) - コピー

 

伊勢型紙小本写真撮影データを活用して行灯(あんどん)を作りました。企画設計は平子隆之公民館長が、行灯木枠制作は愛宕公民館サークル生の軣(とどろき)英隆さんが行いました。前回はH57、W36×36の寸法の行灯でしたが、今回はH60、W34×26の長方形の行灯にしました。今回の行灯の前面伊勢型紙は鈴鹿工業高等専門学校の協力を得てレーザーで制作したものです。 愛宕公民館では、伊勢型紙の周知のため、伊勢型紙小本データで装飾した行灯の展示に協力していただけるところを探しています。(令和元年5月3日)

 

 

ISE KATAGAMI KOHON ―Their technique, their beauty  ”Traditional japanese stencil design” 伊勢型紙 

Ise Paper StenciisーTraditional japanese stencil designー  Ise paper stencils are used in dyeing fabrics,principally Kimono fabrics.  <Process of production> Drawing design ⇒Carving small model<kohon> ⇒Copy of the carved design ⇒Carving the final model.  Atago community center phone:059-388-5909 (Suzuka City,Mie Prefecture)                       

IMG_3051 - コピーss-5ss-4

伊勢型紙が新名神「鈴鹿PA」に展示されています

新名神高速道路 鈴鹿パーキングエリアの商業施設「PIT SUZUKA」には、随所に鈴鹿市の伝統工芸「伊勢型紙」が使われています。施設上り線(名古屋方面)入口には、伊勢型紙製品の展示コーナーも設けられています。伊勢型紙の魅力を発信する場となっています。(平成31年4月18日)

IMG_0069 (2)IMG_0052IMG_0058 (2)IMG_0046IMG_0060IMG_0068

伊勢型紙<糸入れ・紗張り> 寄贈作品を移管

愛宕公民館に寄贈していただいた伊勢型紙「糸入れ」「紗張り」作品と伊勢型紙彫刻道具を、鈴鹿市文化財課に移管しました。鈴鹿市役所で石坂部長、谷口文化財課主幹に説明、引き渡しました。今後とも、地域の方々に伊勢型紙の寄贈を呼びかけ、展示、管理、文化財課への移管を行うととも、型紙データの活用を検討していきます。(平成31年4月12日)

IMG_0026IMG_0032IMG_0036

 

 

 

 

 

 

IMG_0124

 

 

地域の方から伊勢型紙「糸入れ」と「紗張り」の作品及び型紙彫刻道具を寄贈していただきました。愛宕公民館エントランスで、糸入れ作品と紗張り作品を展示しています。「糸入れ」は、伊勢型紙の彫刻された型模様を固定するために細い絹糸を支えとして張り渡す技術です。型紙を二枚にはがし、彫刻した型紙の一枚を糸入れ作業する枠に置いて糸を張り、そのうえから先にはがした型紙を正確に重ね会わせて貼っていきます。現在では、糸入れの技法に代わり、薄い紗を張って型を補強する「紗張り」が広く行われていますが、精緻な縞彫りは紗張りでは対応できず、糸入れが不可欠な技法となっています。(平成31年3月18日)

①糸入れ(縦)

①糸入れ(縦)

②糸入れ(縦と横)

②糸入れ(縦と横)