かるた遊びとお餅つき

平成29年12月16日 なかよし教室「かるた遊びとお餅つき」を開催しました。地域の人や愛宕小学校PTA家庭教育学級の協力を得て実施し、児童20人が参加しました。少し前までは家庭で行われていた日本の伝統文化である「かるた遊び」と「餅つき」を児童たちは体験しました。餅つきで使用する大人用と子ども用の「きね」は、地域の人が新しく作っていただきました。つきあげた餅は、今年から衛生上の観点から「ぜんざい」にして食べました。

a-1a-2a-3a-4a-5a-6

スタイロフォームと和紙で干支作り 

 

平成29年12月10日 来年の干支「戌(いぬ)」をスタイロフォームと和紙を使って作りました。スタイロフォームを型紙にそってカッティングし、つまようじで接合してカッターナイフで削りました。最後に、手で裂いた和紙を水性ボンドで貼り付けます。 講師:上原正廣さん 参加者:12名 参加費:500円(材料代) 持ち物:カッターナイフ、軍手 

IMG_0020 - コピーm-1m-2m-3m-4m-5

 

歴史講座④<北勢の戦国山城と史跡めぐり>

a1-1a1a2a3

 

 

 

 

 

 

平成29年12月5日 愛宕公民館歴史講座「北勢の戦国山城と史跡めぐり」を開催しました。三重県には多数の文化財が残されています。これらの文化資産を地域の共通財産として保存し守り育てていくため、地域の歴史を学びました。ヤマトタケルの伝承が残り三重県の県名の由来となった「杖衝坂」、戦国時代の城郭形状を残し曲輪間に掘り入まれた空堀や堀切、巨大な土塁など迫力のある巨大山城の「采女城」、幅が15m・深さ5mと北勢地方で最大級の規模の掘、低土塁で囲った屋敷跡と思われる区画、明確な城道など采女城とは異なる特徴をもつ「保々西城」、菰野町竹成の「五百羅漢」をバスを使って巡りました。現地での解説は、愛宕公民館 平子館長が行いました。参加者37人

采女城跡

采女城跡

保々西城跡現地看板

保々西城跡現地看板

保々西城空堀

保々西城空堀

杖衝坂

杖衝坂

 

Takada Honzan Senjuji Temple 高田本山専修寺が国宝に!

の文化審議会は平成29年10月20日、三重県津市一身田の真宗高田派本山専修寺(せんじゅじ)の御影堂と如来堂の2棟を国宝に指定するよう、文部科学大臣に答申しました。その後、平成29年11月28日文部科学省告示により国宝として指定されました。三重県初の国宝建物です。(平成29年11月30日)

真宗高田派本山専修寺(せんじゅじ 三重県津市一身田町)は、三重県最大の仏教寺院です。広大な境内には多くの建造物が建ち並び、中でも13棟の建造物が国の重要文化財に指定されています。専修寺最大の建物である御影堂(みえいどう)は、木造建築物としては全国で5番目の大きさです。山門をくぐると如来堂と御影堂が堂々とした姿を現します。専修寺御影堂は350年前、如来堂は270年前に建てられた三重県が誇る歴史的建造物です。御影堂は平成12年~20年に総工費29億円をかけて修復工事を行いました。 (平成28年6月29日)

Takada Honzan Senjuji Tempe,head temple of Shinshu Takada-ha(the Shinshu Takada sect of the Jodo Shinshu Buddhist school). It is the largest Buddhist temple in Mie Prefecture. It is popularly known as Takada Honzan. In the spacious compounds are 13 structures designated as important national cultural properties.

御影堂 ①如来堂 ②山門 ③唐門 ④太鼓門⑤御廟唐門・透塀 ⑥

 

生活講座⑥ 高年期の健康管理

IMG_0105

平成29年11月28日愛宕公民館生活講座⑥「高年期の健康管理の留意点 青壮年期とは異なる栄養、運動、医療」を開催しました。講師:鈴鹿医療科学大学 葛原茂樹教授 高齢者の健康管理に役に立ち本当のことが書いてある本の紹介、高齢者高血圧、コレステロール、高齢者糖尿病など青壮年期とは異なる高齢者の健康管理などについて分りやすく解説してもらいました。

白子高校生活創造科 高齢者お弁当サービス

 

IMG_0096IMG_0097IMG_0090

 

 

 

 

 

 

平成29年11月17日 三重県立白子高等学校生活創造科による今年度2回目の「高齢者お弁当サービス」が行われました。生活創造科生徒と民生委員・児童委員の方々が弁当を配布しました。

三重県立白子高等学校生活創造科では、一人暮らしの高齢者宅へ白子高校調理室で作った「手作り弁当」を民生委員・児童委員と一緒に届ける活動をしています。今年で25年目です。当日平成29年6月16日の調理は3年生が担当をし、下ごしらえは前日に2年生が行います。お弁当に添える手紙は1年生~3年生全学年で書きます。季節の食材や地元特産品を取り入れた献立です。「おいしく食べてもらえるように」思いが込められた弁当は、午後、公民館に集合した民生委員・児童委員さんと一緒に手分けして配られました。(平成29年6月16日)

123456789