伊勢型紙活用例<行灯>

 

DSCN0009 - コピー (2) - コピー

 

伊勢型紙小本写真撮影データを活用して行灯(あんどん)を作りました。企画設計は平子隆之公民館長が、行灯木枠制作は愛宕公民館サークル生の軣(とどろき)英隆さんが行いました。前回はH57、W36×36の寸法の行灯でしたが、今回はH60、W34×26の長方形の行灯にしました。今回の行灯の前面伊勢型紙は鈴鹿工業高等専門学校の協力を得てレーザーで制作したものです。 愛宕公民館では、伊勢型紙の周知のため、伊勢型紙小本データで装飾した行灯の展示に協力していただけるところを探しています。(令和元年5月3日)

 

 

ISE KATAGAMI KOHON ―Their technique, their beauty  ”Traditional japanese stencil design” 伊勢型紙 

Ise Paper StenciisーTraditional japanese stencil designー  Ise paper stencils are used in dyeing fabrics,principally Kimono fabrics.  <Process of production> Drawing design ⇒Carving small model<kohon> ⇒Copy of the carved design ⇒Carving the final model.  Atago community center phone:059-388-5909 (Suzuka City,Mie Prefecture)                       

IMG_3051 - コピーss-5ss-4

伊勢型紙<糸入れ・紗張り> 寄贈作品を移管

愛宕公民館に寄贈していただいた伊勢型紙「糸入れ」「紗張り」作品と伊勢型紙彫刻道具を、鈴鹿市文化財課に移管しました。鈴鹿市役所で石坂部長、谷口文化財課主幹に説明、引き渡しました。今後とも、地域の方々に伊勢型紙の寄贈を呼びかけ、展示、管理、文化財課への移管を行うととも、型紙データの活用を検討していきます。(平成31年4月12日)

IMG_0026IMG_0032IMG_0036

 

 

 

 

 

 

IMG_0124

 

 

地域の方から伊勢型紙「糸入れ」と「紗張り」の作品及び型紙彫刻道具を寄贈していただきました。愛宕公民館エントランスで、糸入れ作品と紗張り作品を展示しています。「糸入れ」は、伊勢型紙の彫刻された型模様を固定するために細い絹糸を支えとして張り渡す技術です。型紙を二枚にはがし、彫刻した型紙の一枚を糸入れ作業する枠に置いて糸を張り、そのうえから先にはがした型紙を正確に重ね会わせて貼っていきます。現在では、糸入れの技法に代わり、薄い紗を張って型を補強する「紗張り」が広く行われていますが、精緻な縞彫りは紗張りでは対応できず、糸入れが不可欠な技法となっています。(平成31年3月18日)

①糸入れ(縦)

①糸入れ(縦)

②糸入れ(縦と横)

②糸入れ(縦と横)

新元号「令和」で愛宕公民館事業に取り組みます

元号が「平成」から「令和(れいわ)」に代わります。鈴鹿市立愛宕公民館は、新年度を次の事業に積極的に取り組みます。➀ミニ音楽コンサート ②歴史講座 ・市内と県外の遺跡史跡比較<鈴鹿と豊川の海軍工廠跡 伊勢国分寺と三河国分尼寺> ・考古学からみた古代伊勢国 ③南海トラフ地震に対応した防災講座 ④保育所・民生委員と連携した乳幼児教室 ⑤鈴鹿の伝統産業「伊勢型紙」小本のデータ活用 など地域の人たちと一緒に活動します。

「伊勢型紙 小本(こほん)」を市文化財課に移管 

IMG_0012IMG_0019

 

愛宕公民館に寄贈された伊勢型紙小本について、鈴鹿市文化財課に移管するに当たり寄贈者生田裕子さん、平子愛宕公民館長、磯部公民館運営委員長の3名で鈴鹿市副市長を表敬訪問しました。伊勢型紙「こほん」700点、彫刻刃・砥石・丸刷毛などの道具を副市長に説明しました。館長から副市長に「こほん」の写真データを今後どのように活用していくかについても説明しました。(平成31年1月11日)

平成30年12月18日~12月28日愛宕公民館エントランスで「伊勢型紙 小本~その技と美」を開催(土・日・祭日は休館)しています。今回、伊勢型紙の制作工程で最も重要で精緻な技術を必要とする「小本(こほん)」が地域の方から愛宕公民館に寄贈されました。広く伊勢型紙を知っていただくため、小本の一部を展示しています。展示内容:伊勢型紙こほん<入替展示>、彫刻道具<刃、刷毛、砥石実物展示>、型地紙(渋紙)製造工程<パネル展示>  伊勢型紙の制作工程:図案の素描⇒こほん型の彫刻こほん写し彫刻  小本は型紙職人の技術の結晶です。今回、散逸する前に愛宕公民館が入手できました。一般的に出回らないため、貴重なものだと思われます。 地域の方で伊勢型紙に係る遺品、道具などありましたら、愛宕公民館に御連絡ください。(平成30年12月18日)

IMG_0111 (2)IMG_0105IMG_0164IMG_0160

伊勢型紙小本のデジタル保存・活用

伊勢型紙の小本(こほん)700枚を写真撮影してデジタルデータ化しました。デジタルデータとして管理し、活用について検討・模索したいと思います。写真撮影、パソコン操作、データベース化、染め、表装表具、印刷、型紙彫刻、文化財など専門的知識のある方の協力を得て検討する予定です。活用について知識・ノウハウを提供していただける方は、愛宕公民館までご連絡ください。<電話:059-388-5909 担当:平子> 

 

プッシュ型支援・対口支援

IMG_0085

 

北海道の地震で震度7を観測した厚真町など被災3町に、パートナー自治体を割り振る「対口支援」(たいこうしえん)方式で派遣された東北と新潟の7県の応援職員は延べ682人になりました。総務省が9月19日時点で人数を集約しました。平成30年3月に制度化された対口支援の適用は、西日本豪雨に続き2例目です。西日本豪雨では、広島県、岡山県、愛媛県の20市町に20都道県と9政令市から延べ約1万5千人が派遣されました。対口支援方式による職員派遣⇒三重県HP (平成30年9月21日)

IMG_0017

 

巨大地震・災害の発生当初は、被災自治体において正確な情報把握に時間を要し、また、必要な物資量を迅速に調達することは困難です。東日本大震災で被災者に物資が十分に行き渡らなかった経験をふまえ、国が被災した自治体からの具体的な要請を待たないで、避難所避難者への支援を中心に必要不可欠と見込まれる物資を調達し、被災地に物資を緊急輸送しています。これを「プッシュ型支援」といいます。平成28年の熊本地震で初めて実施され、平成30年7月豪雨で大きな被害が出た広島県、岡山県、愛媛県に支援物資が届けられました。  【防災企画展示】愛宕公民館では、プッシュ型支援の「国⇒三重県⇒鈴鹿市⇒市内収容避難所」の流れ、支援物資量など具体的に解説・説明した企画展示を行っています。国が配送した支援物資は、 三重県の中勢拠点「三重県消防学校防災倉庫」⇒鈴鹿市の受入れ拠点「AGF鈴鹿体育館」(江島台一丁目)、「西部体育館」(長沢町)⇒武道館、小中学校、公民館などと搬送されます。(平成30年9月8日)

平成30年9月6日発生した北海道胆振(いぶり)東部地震でも国は食料のプッシュ型支援を実施することになりました。農林水産省HP⇒プッシュ型支援